駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

木地屋渓谷 with Saber×Makoto 【2016.7.18】 

すっかりサボっていたブログを更新。
ツイッターを始めてからというもの連作の撮影が捗り、どうにもツーマンセルでの撮影が進まずいけません。
連作の撮影後にツーマンセルでの撮影というのもなかなかに大変なのでついつい手を抜いてしまいます。
肝心のツイッターですが、面倒臭くて誰もフォローしていないので、ブログと同じく完全な壁打ち状態で全くの独り言と化していますが、日記代わりに手軽に記事を上げられるのはやはり秀逸です。
何より出先で記事を上げられるのは便利で悪くありません。
ブログだとどうしても家に帰ってからしか書けず、思い立って記事を上げるというのも難しかったですから。
ブログのように写真をまとめて掲載することができないので、ツーマンセルでの写真を上げるのには向いてませんが、単発で撮っている連作の紹介には好都合なので、なんというか現状にすこぶるマッチしています。
唯一のネックといえば、野外撮影時にリアルタイムで記事を投稿できないことでしょうか。
携帯の通じない山の中で撮影することが多いので、ロケ地でツイッターを上げても携帯が通じる場所まで記事が保留されてしまい、タイムラインがおかしくなることもしばしばです。
まあ、誰も見ていないので問題は無いのですが。
なので、ブログの更新も今後はかなり滞りそうです。
そもそもブログネタのツーマンセルでの撮影がほとんどできていないですし。
連作の撮影はひとまず今年の冬が終わるまでは続けるつもりなので、ツーマンセルでの撮影もそれぐらいまでは不定期にしかできず、ブログの更新が定期的にできるようになるのもそれぐらいになりそうな気がします。
その頃にはツイッターに完全移行している気がしないでもないですが。
-- 続きを読む --

濁河(山中) with Takane×Alice 【2016.7.2】 

久しぶりのブログの更新です。
最近は連作の撮影がメインとなってしまい、ブログ用の写真を撮る機会も減ってすっかりご無沙汰となりました。
今後も同じような状況になりそうだったので、ひとまずツイッターをはじめることにしました(https://twitter.com/nicoloco_00)。
交流というより記録を残したいためなのですが。
ブログだとネタ写真がないとなかなか更新できませんが、ツイッターなら写真がなくても適当につぶやけますし。
まあ、呟きは土日に限られそうな気がしないでもないですが、これで心置きなく連作の撮影に取り組めます。
なんというか野外撮影を終えたときは何か記録的なものが欠きたくなりますから。
さて、話を変えますが、今週末も連作の撮影のために土曜日に野外撮影に出かけてきました。
遠出しようかとも思いましたが、天気が思わしくないようだったので、近場で済ますことにして付知峡へ向かいました。
先週訪れた時には異常気象のためということで通行止めになっていたので、そのリベンジを兼ねたものでしたが、雨も上がったというのに引き続いて通行止めとなっており行けずじまいで終了。
険しい山道なので土砂崩落でも起きた感じですが、ネットで調べても情報が出てこないので真相は不明です。
前回は岩村城址でお茶を濁しましたが、同じ場所を使うのも芸がないので近場の乗政大滝へ。
以前一度訪れたきりでしたが、滝へ至る道が綺麗というか今撮影している連作で使えそうだったので訪れることにしたしだい。
雨上がりということもあり苔的な植物も綺麗で撮影するには良い状態でしたが、連休ということもあり観光客がチラホラとやってきて撮影を静かに楽しむには今ひとつでした。
とはいえ、1時間に一組か二組という少なさでしたが。
一日粘るつもりでしたが、観光客が思いの外訪れたので、早めに切り上げ少し離れた場所にあるひめしゃがの湯へ。
付知峡の入口にある倉屋温泉でも良かったのですが、倉屋温泉は温泉というよりスーパー銭湯的で今ひとつだったので足を伸ばすことにしました。
が、さすがは連休ということで、いつもは適度な混み具合で収まるひめしゃがの湯もそれなりに賑わっていて、落ち着かないまま早めに上がる羽目に。
やはり連休中は鬼門のようです。
今日は雨で野外撮影をお休みしましたが、明日はブログネタ確保のため木地屋渓谷へでも行こうかなと思っていますが予定は未定です。
-- 続きを読む --

豊郷小学校旧校舎群 with ROSALIE×MIKADUKIⅡ【2016.6.12】 

今日は梅雨空ということで野外撮影はお休み。
曇天をついて遠出しても良かったのですが、空模様が全く読めず、レーダーを見る限り高確率で雨に祟られそうだったので、大人しくしておくことにしました。
足を伸ばした先が雨で使えず骨折り損の草臥れ儲けになるのも嫌な話でしたし。
ここ最近はずっと土曜日を野外撮影で潰していたので特にやることもなく一気に暇になってしまったので、久しぶりに名古屋に出かけてみました。
田舎暮らしでも買い物は昔と違って通販で事足りるようになったので、名古屋に出向く機会もグッと減りましたが、今は亡きやまとが作ったアクリルスタンドは、通販では手に入らない代物なので出かけることにした次第。
スタンド自体はキューティーズの安物が部屋に転がっているので足りているのですが、オビツについてはやまとのアクリルスタンドを使うことに決めているので、先日お迎えした新入りのロザリーのために必要となりました。
野外撮影に連れて行かない以上、飾り方については少し凝りたいですから。
とはいえ、やまとのアクリルスタンドは、アゾンレーベルショップでの取り扱い数も少なく品切れとなっていることも多いので、半分ギャンブルみたいなものでしたが。
幸いなことに入荷していて、アクリルスタンドを無事入手できましたが、やはり人気があるようで無印のものは買ったのが最後の一つでした。
ロザリー用のヘッドキャップを買って無事目的を完遂。
後はぷらぷらとドルクやボークスを見て回りましたが、ドルクの品揃えが初期に比べると格段と悪くなっていたので少しガッカリでした。
普段使いの服を買えるのはドルクぐらいなのでもう少し頑張って欲しいところですが、客入りが悪いので存続しているだけでもよしとしなければならないのかもしれません。
-- 続きを読む --

林道 with Saber×Makoto 【2016.5.28】 

連作の撮影のために久しぶりに王滝村へ行ってきました。
目的は7合目にある田ノ原天然公園の腐りかけた遊歩道でしたが、あまりに損傷が酷かったせいか立ち入り禁止となっていて、全てのルートが完全に閉鎖されていたので撮影を断念。
綺麗な方の遊歩道は空いていましたが、いつ何時観光客が訪れるか分からず、狭い通路で荷物を広げるわけにもいかなかったので諦めざるをえませんでした。
時刻も昼近くとなっていて、別の場所に移動するにも時間が掛かるのでどうしたものかと悩みましたが、帰り道でよさげな場所を見つけたので、そこで上手いこと野外撮影をすることに成功しました。
天気が今ひとつだったものの千町牧場で撮影できなかったカットを撮影できたので満足できましたが、気が緩んだせいかここで思わぬトラップが発動。
眠い目を擦りながらだったのがいけなかったのかバックに失敗してスタック。
やむなく少しバックして脱出を試みましたが、バックしてもスタックしたまま前に進まず、あれやこれやとしている最中に脱輪してしまって万事休す。
免許を取って以来うん十年一度も使ったことのなかったJAFを呼んでレッカーする羽目に。
とはいえ、脱輪場所は僻地の山奥ということで、待機時間が二時間オーバーという有様。
来てくれるだけマシでしたが、待っている間に気温は下がってくる上に、ブヨらしい虫にたかられてしまいひどく難渋しました。
なので、家に帰ってからブヨ対策としてパワー森林香というものを調達。
普通の蚊取り線香では無力だったので期待したいところです。
車の方は無事レッカーで引き出され動きにも問題はありませんでしたが、二駆はこういう時駄目だと改めて認識したので、次買うときは四駆のSUVを買おうかなと思っています。
まあ、あと五年は乗る予定なので随分と先の話ですが。
すっかり体が冷えてしまったため閉まってしまった王滝村の温泉の代わりにせせらぎの四季という日帰り温泉に寄りましたが、濁河や王滝の湯なんかと同じ茶色のお湯だったものの泉質は今ひとつな上に値段が割高とあってかなりガッカリな感じでした。
人が多すぎたのもいただけませんでした。
色んな意味で踏んだり蹴ったりでしたが、良い撮影スポットが見つかったのでよしとします。
晴れたときに再訪できればと思ったりしますが、遠いので次ぎ行くのは随分と先になりそうな気がします。
-- 続きを読む --

琵琶湖(今津百瀬川園地) with Takane×Alice 【2016.5.8】 

連作の撮影のため久しぶりに白水湖へ行ってきました。
以前訪れた時は雨に祟られ野外撮影ができずじまいだったので、野外撮影の舞台として使うのはこれが初めてだったりします。
山男の朝は早く早朝にもかかわらず結構な台数の車が止まっていましたが、早朝組のお目当ては山登りということで湖に人影はありませんでした。
湖は今回の目的地ではなかったのですが、せっかくのチャンスということで肩慣らしがてら撮影をしてみました。
白水湖はそのコバルトブルーというか青色の水が特徴なのですが、相変わらずの残念な腕前のせいで上手く引き出せないまま撮影終了。
昼食をとった後、独特の水色をしていると聞きつけた本命の渓谷へ向かいましたが、藪があまりに深く重い機材を背負った身では先へ進むのが困難だったので断念。
別な渓谷にも入ってみましたが、綺麗ではあったものの撮影できる場所がなく、水上撮影の準備もしていなかったので、泣く泣く撤退する羽目になりました。
ただ、水上撮影はできそうだったので、ロケ地として何かで使えそうな感じではありました。
渓谷での撮影ができなかったので、予定よりも早めでしたがお風呂タイムをとることにして、湖畔にある大白川露天風呂へと入りました。
温度が高くて長く使っていられないのが残念でしたが、硫黄泉ということで硫黄の匂いが漂い良い温泉でした。
温泉から出た後、不完全燃焼だったこともあって、別な日に訪れようかと思っていた阿弥陀ヶ滝へと車を向けてみました。
夏には早いものの既にオンシーズンらしく、夕暮れ時までカップルらしい観光客がちらほらと姿を見せ、撮影するのに難儀しましたが、なんとか撮影を済ませいちおう満足できました。
帰りにこの日二度目となる日帰り温泉に入りましたが、美人の湯ということで肌がツルツルな感じとなり、こちらも悪くはありませんでした。
連作に力を入れているせいで、ツーマンセルでの撮影はできずじまいだったので、ネタを確保するためどこかで撮影しなければなりませんが、時間がとれないのでなかなかに難しそうです。
-- 続きを読む --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。