駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

美ヶ原(晩冬) with Alter 【2015.3.21】 

雨ということもあって、今日は一日家でゴロゴロする羽目になりました。
こんなことなら昨日きちんと野外撮影を楽しんでおくべきだったと思いますが、今となっては後の祭りです。
全天候対応の豊郷小学校旧校舎群へ出かけるというのも手でしたが、翌日が仕事ということを考えると疲れることはしたくないので出かける気にはなりませんでした。
というか、雨のせいで気分が優れず、野外撮影したいという気力も沸かなかったので、豊郷へ行くという発想自体ありませんでした。
まあ、こういう日に無理して出かけたところで、昨日みたいにゴミ写真を量産するだけでストレスが溜まるだけだったような気もするので、選択としては間違っていなかったと思います。
それにしても、年をとったのかあるいは過去の不摂生がボディーブローのように効いてきているのか、ここ数年、天気が悪くなると心身共に不調となってしまいどうにもいただけません。
若さというブーストが既になくなってしまったので、気候の変化に伴う体調の変化がダイレクトに反映されるようになっただけのような気もしますが、年をとるというのはなんとも切ない話です。
まあ、まだ更年期症状が出ていない分だけマシかもしれませんが。
休みが丸一日空いているということで、新しい仕事の勉強を兼ねて休日出勤でもしようかと思ったりもしましたが、最後の休みを仕事で潰すのもあれなので、飾りっぱなしにしていたオビツ勢の衣装を交換して無聊を慰めてみました。
本当はオビツ勢も野外撮影に連れ出さねばならないのですが、己が腕の未熟さからあまり綺麗に撮れず、ここ最近はどうも放置気味になってしまっています。
いずれ機会を見て野外撮影に連れ出したいところですが、当分先の話ではあります。
これからしばらくの間は仕事を優先するつもりなので、ブログの更新も止まることになりそうですが、暇になったら野外撮影を再開する予定なので、不定期でも更新できればと思っています。
ともあれ、4月1日から始まる新しい仕事が吐きそうなほど嫌ですが、お金を稼ぐためにはやむを得ません。



さて、前回に引き続き諏訪遠征で撮影した写真を紹介していきます。
八島ヶ原湿原も人が増え始め、撮影を中断することが多くなったので、早めに撤収することにして美ヶ原へ。
前回の反省を踏まえ、少し早めに八島ヶ原を出ましたが、雪がすっかりなくなり道路も走りやすかったので、思ったよりも早く到着してしまいました。
とはいえ、時間的にはちょうど良いぐらいで、準備を整え雪原へ。
美ヶ原の雪原がこちら。

  _MG_9697

八島ヶ原湿原と同様に雪解けが進んでいるようで、以前訪れた時には見えなかった岩が雪原に顔を出していました。
反対側はこんな感じ。

  _MG_9700

丘の上の方は日当たりが良いのか、雪が結構溶けてしまっていて、春がすぐそこまで近づいていることがわかります。
雪がまだ残っている場所も下の方が溶け始めているようで、スノーシューを履いていても足が深く沈むことが多く、歩くのが結構大変でした。
奥まで行くのも大変だったので、雪原の中ほどで撮影することにしました。
撮影場所がこちら。

  _MG_9701

牧場の柵から少し離れた場所にあり、こちらまで人が来ることはありませんでしたが、通り道から少し距離が近かったようで撮影光景はガッツリと目撃されていたようです。
時折聞こえてくるひそひそ話に聞き耳を立てながらひとまず撮影を行いました。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_9720

  _MG_9788

  _MG_9818

  _MG_9885

  _MG_9966

  _MG_9973

ここでも日中シンクロが上手くいかず散々でしたが、それよりも撮りたい画のイメージが浮かばなかったことが全ての敗因でした。
ノープランで出向いたのが悪いのですが、同じ場所に間を置かず三回も訪れると、やはりアイデアも枯渇してしまうようです。
それと、後半戦だったというのも大きい気がします。
前半戦であればまだそれなりにネタが頭の中にあるので、写真のバリエーションを増やすこともできますが、後半戦となるとほとんど出涸らし状態になってしまいイメージを広げるのが難しい気がします。
まあ、その日の調子で上手くいくこともあるので、一概には言えませんが。
今回は、撮影開始時に良いイメージが浮かばなかったこともあって、初心に返るためにポン置きの座りポーズを最初に撮影して勢いを付けようとしましたが、そこで転けてしまったので最後まで不完全燃焼のまま終わってしまいました。
望遠レンズで背後の電波塔群を上手く引き寄せられなかったのも良くなかったところです。
グダグダな撮影でよろしくありませんでしたが、晩冬の美ヶ原がどんなものなのか知れたのでよしとします。

美ヶ原は真冬に訪れるには道路条件が厳しい場所なので、訪れるなら寒さが緩み道路の雪もある程度溶けてくる2月末頃がベストな感じです。
今回みたいに3月も終わり頃になると雪質も悪くなる上に、観光客も増えてしまい野外撮影を楽しむには正直環境があまりよくありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/999-dd6977c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。