駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

新滝 with Alter 【2015.2.7】 

ボークスニュースが届きました。
雪ミク押しのようで心揺さぶられますが、ノーマルミクの亜種ということを考えると自重せざるを得ません。
トレードマークとなるデフォ衣装を着せるのも最初の一回だけになりそうですし。
何より申し込んでから届くまでに2年ぐらい先になりそうなので尚更躊躇われます。
2年も期間が空くと別な趣味に巣立っている可能性も大ですから。
雪ミクは見なかったことにして京都ドルパの限定DDを見てみましたが、幸いなことにツボにはまらなかったのでスルーできそうです。
系統的に言えばモモとかそのあたりな感じがしますが、ランカですらモモに似ているように見えたので、その印象は少し怪しい気もします。
衣装の方はといえば、相変わらずのコスプレ衣装ばかりで、こちらもスルー確定です。
どうせなら春物のカジュアル服が欲しかったのですが、期待するだけ無駄だった気がしないでもないです。
京都ドルパの参加は見送り確定かなと思ったりしていますが、春物の衣装があまりなかったりするので、ディーラー巡りのために参加するのも悪くないかなと思ったりもします。
DD系の衣装を揃えるなら一番良いイベントですし、ささらのための下着も必要ですから。
まだ時間があるので、もう少し検討してみようかと思いますが、名古屋アイドールが4月にあるので、そちらに参加した方が良さそうな気もします。


さて、前回に引き続き王滝村遠征で撮ってきた写真を紹介していきます。
今回で最後です。
自然湖でガッツリ撮影する予定でしたが、団体客の乱入でリズムが狂い、撮影意欲が大幅に減退してしまったので、河岸を変えるべく新滝へ移動することにしました。
辿り着いた新滝がこちら。

  _MG_6139

最奥にある橋というか階段からの眺めですが、以前訪れた時よりも滝壺の氷が気持ち大きくなって見えました。
間近で見るとこんな感じ。

  _MG_6312

冷え込みが厳しくなり、新滝の氷瀑も大きくなったと聞いていましたが、その話通り氷瀑も見事に成長していました。
ちなみに、滝の裏手にはこんなものがあります。

  _MG_6162

こちらは祭壇的なものが置かれている簡易的な小屋ですが、上から降り注ぐ水によって全面が氷に覆われています。
滝の裏はこんな感じ。

  _MG_6142

氷柱は前回訪れた時よりも大きく育っていました。
不定期に観光客が姿を見せましたが、時間もあまりなかったので、その間隙を縫って撮影を行いました。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_6177

  _MG_6286

  _MG_6305

  _MG_6266

  _MG_6195

  _MG_6232

  _MG_6276

  _MG_6295

先客としていたカップルが去るのを待って撮影を始めたのですが、気づかぬうちに片一方が舞い戻ってきていて、ドールの撮影をがっつりと目撃されてしまいました。
何事もなかったようにドールを片付けましたが、少し微妙な空気となってしまいました。
見られたのはやむを得ませんが、我ながらいかにも迂闊でした。
その後も観光客がコンスタントに姿を見せ、その都度撮影を中断する羽目になり、撮影に集中するのが難しかったのですが、夕方の16時を回ったあたりで人足も途絶え、なんとか必要な分だけ撮影することができました。
日没まではもう少し時間があったのですが、夜の帳が降り始め長居できる雰囲気ではなくなったので、17時頃で区切りを付けて撤退しました。
夕方頃なら人も来ないかなと踏んでいましたが、思いの外コンスタントに観光客がやってくるので、早朝に訪れた方が無難な感じです。
写真の方ですが、前回と同じく色温度を下げて青色を強めています。
普通に撮ると白色にしか写りませんが、色温度を下げると綺麗な青色になるので、それらしい雰囲気が出て悪くありません。
ポージングにもう少し拘りたかったのですが、観光客がいつ訪れるかわからなかったのとアイスバーンとなりスタンドを使うことができなかったのとで、これが限界でした。
ただ、撮影場所のイメージが最初からついていたので、前回の撮影よりも上手くまとまった気がします。
やはり初めて訪れる場所よりも、一度でも訪れたことのある場所の方が、上手く撮影できるようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/987-488d0a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。