駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

女神湖 with Miku 【2015.1.10】 

ささらが着弾。
いつも通りの手際の悪さで月末まで引っ張るかなと思っていましたが、昨日のうちに発送していたようで、念のために用意していた諭吉さんが今日呆気なく旅立っていきました。
ソフビの玩具に四捨五入して7万円も支払ったのかと思うと気が遠くなりますが、身から出た錆なのでやむを得ません。
それにしても、ドール趣味に片足を突っ込んだせいで、笑っちゃうほどお金が飛んでいきます。
昨年一年だけでフィギュアへの投資額を上回る額を突っ込んでいるので、その浪費の酷さは火を見るよりも明らかでなんとかならないものかと思いますが、物欲を抑えられないので無理そうな感じです。
まあ、養うべき家族はおらず、自由気ままな独り身なので、どれだけ突っ込もうと問題はないのですが。
不摂生な生活をしているので、無駄に長生きする心配もなさそうですし。
届いたささらについては、検品を兼ねて早めに開封した方が良さそうな感じですが、オクの価格も順調に高くなっているようなので、箱入り娘のままの方が良いのかなとも思います。
品薄になった時期に新品未開封で放流すれば利益率も高そうですし。
とはいえ、面倒くさくなって野外撮影の戦力に組み込む可能性も考えると、さっくりと開封し不良品かどうか確認した方が良いような気もします。
いずれにせよ、平日では落ち着いて考えられないので、週末に開封するかどうかゆっくりと考えてみようかと思います。

さて、前回に引き続き赤城山遠征で撮影してきた写真を紹介していきます。
八島ヶ原湿原での撮影が思いの外長引いてしまったので、本当は行くはずだった横谷峡を諦め、ひとまず近場の女神湖に車を向けました。
女神湖は昨冬も訪れている場所で、ちょうど良い具合に全面氷結しているということで、再訪してみました。
外から眺めるとこんな感じ。

  _MG_2974

全面氷結していることもあって、全てが雪で覆われてしまっていて、外から眺めただけでは湖があるとはわからない状態です。
厚く積もった雪を掻き分け女神湖へ。

  _MG_2976

先客がいなかったようで踏み跡一つなく綺麗なものでした。
湖面へ恐る恐る下りてみましたが、心配無用なほど氷が厚く張っていて、撮影するには何の支障もなさそうでした。
撮影場所がこちら。

  _MG_2978

桟橋で撮影しようかとも思いましたが、雪で埋もれて良さそうな写真が撮れそうにもなかったので、雰囲気のある枯れ木を使うことにしました。
湖の反対側では車が氷上を爆走していましたが、こちらに来る人はいなかったので撮影を開始。

  _MG_3011

  _MG_3039

  _MG_3103

  _MG_3179

  _MG_3124

撮影開始が14時過ぎと遅く、撮影可能時間が2時間ほどしかないということもあって、撮影は駆け足になりましたが、できあがった写真を見てみるとそれほど悪くない感じに仕上がってくれました。
ここでもアングルを色々と変えて撮影することを主眼にしましたが、八島ヶ原湿原での撮影よりもポージングに気をつけた甲斐あって、少しだけですが動きを出すことができた気がします。
それもこれも風が吹き、スカートというか服の一部が上手い具合に膨らんでくれたお陰ですが、動きを付けるときには風を味方に付ければ上手くいきそうな気もします。
まあ、偶然に頼る要素が強く、風頼みというのも難しいものがあるので、もう少しやり方を考える必要がありそうな気もします。
それと今回被写体にしたミクですが、押し入れで眠ったまま腐っていたボークスのライダースーツを着せてみせましたが、一時期グッスマがフィギュア展開したブラック★ロックシューターぽい感じに見えなくもなく、なかなかに悪くありません。
ミクは汎用性が高いというか着る衣装を選ばないので、被写体として使うには扱いやすい気がします。
今回撮影場所に選んだ女神湖ですが、冬は氷上ドライブが催されている関係で、背景に旗やら車やらが映り込み少しいただけませんが、それを除けば夕日に染まる蓼科山も綺麗で撮影するには悪くない場所です。
冬が終わる前にもう一度訪れてみたい気もしますが、新規開拓もしたかったりして悩ましいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/977-5cc17f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。