駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

豊郷小学校旧校舎群(講堂待合所) with Alter 【2014.12.22】 

青森遠征が無事終了。
年末寒波に巻き込まれないか冷や冷やしましたが、幸いなことに難を逃れることができて、総計2,500キロオーバーの旅も無事故で済みました。
とはいえ、冷やっとすることが多々あり、色んな意味で紙一重な感じでしたが。
今回の青森遠征ですが、野外撮影に限って言えば正直失敗でした。
撮れた写真の出来については、どこで撮っても何も変わらないので目を瞑るにして、ロケ地選択のミスがやはり大きかったです。
冬の青森を舐めていたというか、冬の海の荒れ具合を忘れていたというか、ロケ地として選んだ海岸的な場所はどこもかしこも風が強すぎて撮影どころではありませんでした。
風でストロボが倒れるだけならまだしも、ドールが吹き飛ばされそうになったりして、とても撮影する気にはなれません。
ストロボは壊れても変わりは買えますが、ドールはそういうわけにもいきませんから。
代わりのロケ地が見つけられれば良かったのですが、野外撮影ができそうな場所が早々あるわけもなく、予定の半分しか撮影できずじまいに終わり、なんだかなといった感じでした。
野外撮影は残念な有様でしたが、旅としては十分満足できるものでした。
青森ではホタテを嫌というほど食べれましたし、行きたいところにも全部行くことができましたから。
特に良かったのが仏ヶ浦を再訪できたことでしょうか。
仏ヶ浦には晩秋頃に一度訪れたことがあったのですが、その時にはあまりの物寂しさに負け、遊歩道を途中で引き返してしまったので感慨もひとしおでした。
岸壁に置かれた地蔵などが、魂の行き着く果てといった雰囲気を漂わせ、そのもの悲しさは格別でした。
にわか雨と海から吹き付ける強い風とで、一番の目的であった野外撮影はできませんでしたが、それでも十分楽しめました。
とはいえ、やはり新緑の季節の方が色々と写真映えするので、叶うことなら改めて7月頃に訪れてみたいところですが、あまりに遠くてこれで最後かなとも思います。
やはり片道で1千キロ越えるのは色々と厳しいです。
青森遠征で撮ってきた写真は年明けから紹介していきますが、ネタ不足はそのままなので年明けからまた野外撮影に出かけねばならなさそうです。


さて、今日も豊郷小学校旧校舎群で撮影してきた写真を紹介していきます。
ひとまず今回で最後です。
会議室での撮影の後、昼食を挟んで、今度は講堂へ。
ただ、少し前に講堂の内部では撮影をしていたので、前々から気になっていた玄関脇にある待合所で撮影してみることにしました。
それが、こちら。

  _MG_0941

それなりの広さがあり、撮影するには支障はなさそうでした。
玄関脇ということもあり観光客がそれなりに来るので、常ならば撮影しづらい場所なのですが、平日とあって訪れる人はほぼ皆無だったので撮影を行うことにしました。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_0789

  _MG_0827

  _MG_0849

  _MG_0862

  _MG_0932

  _MG_0879

  _MG_0916

  _MG_0898

写真に動きを付けてみようということで、少しポーズに変化をつけてみましたが、言うは易く行うは難しで、そう簡単に動きが出るわけもなく、いつもとあまり変わらない感じにしかなりませんでした。
すぐにぱっとできるようなことではないので、他の方の写真を参考に精進していかねばなりません。
まあ、見てもきちんと真似ることができず、グダグダになりそうな気もしますが。
今回の撮影でネックになったのは、ポーズよりも羽織らせたダウンジャケット。
DD用のものではなかったせいか、少しサイズが大きくて、フィット感がイマイチでした。
それに加えて色味も少し濃くて、作業着的なものに見えてしまうのも難でした。
服の選択眼がないのでやむを得ませんが、もう少し可愛らしさが出るような服を選んだ方がよいのかもしれません。
このジャケットの色が少し強かったので、現像で写真全体の青みを強めるためホワイトバランスを弄ってみましたが、これはなかなかに良かったです。
少し青みがキツい気もしますが、白肌のオルタは青白く見えることもあったりするので、個人的にはあまり違和感はありません。
Jpeg撮って出しではこのへんの調整ができないので、Raw現像はやはり便利です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/967-d8d931dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。