駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

豊郷小学校旧校舎群(2階北水飲み場) with Miku 【2014.12.13】 

修理に出していたカメラが戻ってきたので、昨日、豊郷小学校旧校舎群へ行ってきました。
連チャンになるので別な場所にでもと思いましたが、めぼしい所はどこも雪か雨となっていて、野外撮影には不向きな天候だったので、雨でも安心な豊郷小学校旧校舎群をロケ地として選ぶことにしました。
生憎の天候ということもあって訪れる人はいつもよりも疎らでしたが、ツーマンセルで移動するレイヤーさんがいたりして、それなりには人出がありました。
ただ、さすがにドルパ前日ということもあってか、人形者の姿は皆無で、ほぼ貸し切り状態で楽しめました。
今回の主目的は先日お迎えしたミカヅキⅡの撮影でしたが、仕事の忙しさからくるストレスのせいでつい衝動買いしてしまった中華製ストロボの性能も試してみたかったので、手持ちのアンブレラを使って2灯体制で撮影してみました。
ストロボの性能は値段を考えると十分なもので、光量も申し分のないものでしたが、腐らせていたアンブレラを使ったのが失敗でした。
アンブレラは、光をバウンスさせる関係でストロボの受光部がソフトディフューザーを使う場合とは逆方向になってしまうので、置き場所に制限がかかってしまいどうにも使いづらくいただけませんでした。
ここ最近使っていなかったので、このことをすっかり忘れていて、昨日の撮影では置きたい場所に置けずかなりのストレスでした。
なので、家に帰ってさっくりとSMDVのソフトディフューザーを追加で注文しました。
それにあわせて三脚もついでに一式購入。
今使っているスリックの三脚は、安物買いの銭失いの典型で、螺旋はすぐに緩むわ、締め付け用のゴムが外れかかるわと、使っていてストレスが溜まることが多かったので、これを機に少し値が張りますがベルボンのものに買い替えることにしました。
ストロボとあわせると限定DDが一体買えるぐらいが飛んでいったので、年末は家で大人しく過ごさなければならなさそうですが、せっかくの9連休なのでどうなるかはわかりません。
昨日撮ってきた写真は、後日紹介していきますが、仕事が立て込んでいるので紹介できるのは週末になる気がしないでもないです。


さて、今日は、先週末に出かけた豊郷小学校旧校舎群で撮影した写真を紹介していきます。
仕事のストレスを発散するため、野外撮影をすることにしたのですが、主力機が修理中ということで、家に転がっていたFinePix F70EXRを使うことにしました。
このコンデジはEOS50Dとほぼ同じぐらいの時に買ったロートルで、液晶が急に乱れたりして最早限界に達していたりしますが、年に数回ぐらいしか使うことがないので、だましだまし使い続けていたりします。
講堂で撮影がしたかったのですが、チャリティコンサート的なイベントで貸し切りになっていたので、流れ流れて2階北水飲み場で撮影することにしました。
それが、こちら。

  DSCF6238-1

このあたりは人が来る頻度も少なく、撮影するには他の場所よりも静かで悪くありません。
ということで、以下、写真を貼っていきます。

  DSCF6245-2

  DSCF6255-1

  DSCF6298-1

  DSCF6276-1

  DSCF6304-1

  DSCF6398-1

  DSCF6390-1

  DSCF6367-1

デジカメの中では富士フイルムの色合いが一番好みなので、コンデジについてはフジ以外使っていませんが、5年前のカメラということでさすがに色々と厳しいものがありました。
簡単な操作しかできないことについては、コンデジの目的を考えるとやむを得ないので目を瞑りますが、問題なのはその画質。
L判程度ならなんとか見られるレベルですが、等倍にするとノイズが酷すぎて話になりませんでした。
今どきのスマフォにすら負けています。
Jpeg撮って出しオンリーでRawファイルなど望むべくもなかったので、JpegファイルをRawTherapeeで弄ってみましたが、ノイズ低減のお陰でなんとか見られるレベルになりました。
ただ、写真を拡大して見れば分かるように、お察しなレベルです。
まあ、5年も前のカメラに多くを期待する方が間違っている気がしないでも無いですが。
そう考えるとまだ主力として使えているEOS50Dは、それなりに大したものなのかもしれません。
最新機種と比較すると全ての機能が陳腐化していますが、画質的には高感度でない限りは必要十分なものですから。
来年新しく買うカメラが、EOS7DMk2になるかEOS70Dになるか、予断を許さない状況ですが、今回の件でサブ機としてコンデジは対象外と分かったので、買い替えに伴ってお役御免となるはずだったEOS50Dは手元に残すことになりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/961-80e4f1c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。