駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

高樽の滝上流部(晩秋) with Alice 【2014.11.3】 

ミカヅキⅡの二次出荷のアナウンスがあったので、とりあえず購入手続きを済ませました。
日頃の散財が響いて財政状況が少し厳しく、申し込んだのを若干後悔していたりしますが、自分で申し込んだ手前さすがにキャンセルなどできるはずもありません。
まあ、真やミクと同じく、届けばそれなりに愛着が沸いてくると思うので、前向きに考えることにします。
経費節約のため、振込手数料の安い郵便振替で申し込んだので、届くのは少し遅くなりそうですが、それほど早く欲しいわけでもないので無問題です。
届いたら豊郷小学校の講堂あたりで撮影しようかなと思いますが、ドレスを着せるのに少し手間取るようなので、面倒くさくなって放置となる可能性も無きにしも非ずです。
ミカヅキⅡでなけなしのお金が吸い取られることになりましたが、この冬の東京ドルパの限定がツボにはまらなかったので、この冬はなんとか節約できそうな感じではあります。
受注DDのシェリルとランカを見送ると決めたもののまだ迷いがあったりして、こんな状態で限定DDまで欲しくなると収拾がつかなくなるので今回の限定には正直助かりました。
今回の限定DDは、人気投票で選ばれたキャラの再販のようで、腐りきったボークスも方針を変えたのかなと少し期待したいところですが、人気投票といいながら総投票数や各ドールの得票数なんかは一切明確になっていないなかったりするので、あまり期待しない方が良さそうではあります。
まあ、再販キャラを欲しかった人にとっては良いことなので、アリバイ作りであれ八百長であれ問題はないのですが。
東京ドルパが転売屋の草刈場になるのが目に浮かび、斜陽化の兆しが見え隠れするDDの寿命がより一層短くなりそうな気がしないでもないですが、ボークスの選択した結果であればやむを得ないところでしょう。
いずれにせよ、これで東京ドルパを心置きなくスルーできるので、年末の野外撮影遠征に専念しようかなと思います。



さて、今回からは付知峡遠征で撮影してきた写真を紹介していきます。
三度目の遠征となり少し食傷気味でしたが、紅葉を撮るラストチャンスということで出かけることにしました。
付知峡はこんな感じ。

  _MG_7122ge

大勢の観光客が訪れるキャンプ場付近よりも山奥にあるということもあって、紅葉の進み具合が少しだけ早く、ピークを若干過ぎていました。
高樽の滝がこちら。

  _MG_7116ge

滝の周辺には広葉樹がなかったので、彩りはさほどでもありませんでしたが、前日までの雨のせいか水量は豊富でした。
で、撮影場所の滝口。

  _MG_7084ge

滝口の水量は、前回訪れた時とは比べものにならないぐらい増えていましたが、左岸の岩場は乾いていたので、ひとまずそちらで撮影を行いました。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_6786ge

  _MG_6838ge

    _MG_6905ge

  _MG_7003ge

  _MG_6963ge

  _MG_7052ge

紅葉を背景に撮影してみましたが、紅葉とドールとを上手く絡ませることができず、撮影はなかなかに難しかったです。
現状では、ただ単に背景に紅葉があるだけで、何だかなといった感じですから。
本当はもう少し秋らしさを出したかったのですが、どうやって秋らしさを出せば良いのか分からないので、道程は果てしなく遠い気がします。
ポートレート的にモミジとドールとを画面いっぱいに写して誤魔化すという手もありましたが、肝心のモミジが近くになかったので無理な話でした。
こういう時にストーリー性が役に立つのかなと思いますが、事前に準備していなかったので望むべくもありません。
話を戻して今回の撮影ですが、闖入者が撮影中にやってきたことが影響して、有珠に履かせていたズボンが汚れてしまったので、途中でズボンを変えて撮影しました。
下ろしたてのズボンが汚れてしまったこともあって、かなりテンションが下がりましたが、替えの衣装についてもこれはこれで悪くなく、結果オーライでした。
撮影途中で衣装を変えることは基本しませんが、画に変化をつけるためにも途中で変えてみるのも悪くないかもしれません。

滝口では3時間ほど粘りましたが、観光客が対岸に頻繁に姿を見せ、どうにも落ち着かなかったので、集中力が切れたのを機に河岸を変えることにしました。
次回は、そちらで撮影した写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/949-36714479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。