駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

高樽の滝上流部vol.2 with Alter 【2014.10.4】 

今週末の三連休は野外撮影三昧と胸躍らせていましたが、久しぶりの雨ということで少し雲行きが怪しくなってきました。
予定では土曜日に付知峡へ行くつもりでしたが、朝から雨のようで少し厳しい感じです。
運を天に任せて出かけてみるのも手ですが、雨足が強いと撮影が厳しくなるので、なかなかに悩ましいところです。
せっかくの真のデビュー戦を、雨で台無しにするのも嫌な話ですし。
紅葉を諦めてすっかりご無沙汰している豊郷小学校旧校舎群へ行くのも手ですが、三連休ということで同好の士がそれなりに訪れそうな気がするので少し気乗りしません。
ここ最近、山奥での撮影ばかりで、人目に触れる場所での撮影にすっかり耐性がなくなってしまいましたし。
せっかく紅葉がピークを迎えたこの時期に何ともタイミングが悪くて嫌になりますが、土日が全て雨で吹き飛んだ8月の酷さに比べればまだマシなので、目を瞑るしかないかもしれません。
野外撮影をしないとなると三連休が酷く退屈なものになるので、どこかで撮影をするつもりですが、ミクを撮影せず家に置いておくというのも寂しい話なので、やはり豊郷小学校旧校舎群かなとも思ったりもします。
ただ、紅葉とドールとのコラボを撮りたいので、見頃を迎える付知峡がベストかなとも思ったりもして迷います。
晴れてくれれば何も悩む必要はないのですが、天気ばかりはどうしようもないので、ひとまず土曜日になってから決めるのがよいのかもしれません。

さて、前回に引き続き付知峡遠征で撮影した写真を紹介していきます。
上流の小さな滝で撮影した後、本命の滝口へと移動しました。
滝口がこちら。

  _MG_2929

少し前までは滝口の真ん中に大きな岩があって、そこに乗ることもできたようですが、今は落ちてしまってありません。
目が眩むほどの高さで、近づくだけで腰が引けてしまうので、残っていたとしてもとても乗れそうにはなかったと思います。
滝口から眼下を見下ろすとこんな感じです。

  _MG_2977

紅葉には少し時期が早すぎましたが、なかなかに壮観な眺めでした。
滝口の上流がこちら。

  _MG_2932

滝オン滝といった感じで、滝口から上流に向けて小さな滝が連なっていて、青い水とあいまって綺麗な眺めでした。
滝口とその手前にあった小さな滝の周辺で撮影を開始しました。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_2838

  _MG_2855

  _MG_2949

  _MG_2873

  _MG_2892

景色は綺麗でしたが、やはりポーズがネックとなってしまいました。
似たり寄ったりというか変化に乏しいので、どこかで見た感じとなってしまい、少しいただけません。
ただ、ポーズを景色に応じて千変万化させるというのも正直なところ難しい話です。
巡回している野外撮影のサイトでも、たいていはポーズが固定されるというか似たり寄ったりなものになってしまっていますから。
そうはいってもこのまま放っておいても代わり映えしない写真が量産されるだけなので、もう少しポーズのヴァリエーションを増やすための努力をしてみようかと思います。
話を戻して今回の撮影ですが、すぐ側が垂直な崖ということで、撮影している最中ずっとお尻がむずむずしてどうにも集中しきれませんでした。
高所恐怖症ではないのですが、やはり落ちたらサヨナラという状況というのは、どうしても恐怖心が頭をもたげてしまい平静ではいられませんでした。
とはいえ、景色はすこぶる良く、紅葉の最盛期にはかなり綺麗になりそうなので、紅葉が見頃の今、改めてここで撮影してみたいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/936-a1a9906d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。