駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

唐谷滝 with Alice 【2014.9.20】 

今年の受注DDが発表されたようです。
ボークスは嫌いなのでいい加減見切りを付ければよいのでしょうが、ドール自体はオビツやアゾンのそれよりも好みなので難しいところです。
我ながら因果なものだと思いますが、趣味の世界においては自分の欲望には忠実にならざるを得ないので、やむを得ません。
今回の受注DDについては、現段階ではマクロスFのシェリルとランカとしかわかっていませんが、なんで今さらというのが正直な感想です。
作るのに時間がかかるので、フィギュアがそうであるようにドールで流行の物を出すというのは難しいと思われ、少し前の作品がメインになるのはやむを得ませんが、そうは言ってもとうに旬が過ぎたであろうマクロスFを使うというのは正直解せません。
固定ファンがいるとはいえ6万円を軽く越えるものであり、ヲタク趣味の極北に位置するドールということもあって、いくらファンでも早々に手を出す代物ではないですから。
顧客の望みとは違うベクトルに全力疾走するのがボークスなので、深く考えてもあまり意味がない気もしますが。
どうせ何も考えていないでしょうし。
予約するかどうかは写真が上がってから決めようかと思いますが、いい加減数が増えてきたのでもうそろそろ自重した方がよいかもしれません。
値段もそう安いものではなく、シェリルとランカをセットで買った場合には、EOS7DMk2が買えそうな値段になりそうな感じでもありますし。
夜逃げ屋がリリースしていたマクロスキャラということで、今回のリリースでボークに何かフラグが立った気がしないでもないですが、それはそれで楽しみではあります。
まあ、良くも悪くも色々とルーズな業界なので、何かあっても名前だけ変えてしれっと復活するだけなんでしょうが。


さて、前回に引き続き小坂遠征で撮ってきた写真を紹介していきます。
あかがねとよをアマチュアカメラマンに譲り、すぐ側にある唐谷滝へと向かいました。
滝の入口というか手前に看板が設けられていました。
それが、こちら。

  _MG_0892

シンプルなものですが、変に自己主張がないので、風景にはマッチしています。
この看板の奥に唐谷滝は控えていました。

  _MG_0888

柱状節理が独特な雰囲気を醸し出している良い滝です。
あかがねとよと比べると水量が豊富で、滝前に広がる中州的な河原に立つと、結構な勢いで風が吹き付けてきました。
こちらも人が来る気配がなかったので、この中州的な場所で撮影を行いました。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_0740

  _MG_0767

  _MG_0783

  _MG_0795

  _MG_0826

  _MG_0876

あかがねとよでは座りポーズばかりで、立ちポーズを撮っていなかったので、ここでは立ちポーズをメインに撮ってみましたが、相変わらず立ちポーズは苦手で、結局座りポーズで落ち着いてしまいました。
苦手故に立ちポーズの練習をしなければならないのですが、写真を撮っていてもその不自然さについ苛ついてしまい、楽な方というか慣れたポーズに流れてしまいました。
立ちポーズが不自然になる理由ですが、色々と原因はあるものの、自立に拘るあまり関節が変な格好になってしまうことが一番大きい気がします。
自立させようと思うと、バランスをとらせることを優先せざるを得ず、関節なんかがどうしても不自然になってしまいますから。
この点をなんとかしなければならないのですが、どうにも上手くいかずなかなかに難しい問題です。
この唐谷滝ですが、流れ落ちる水が引き起こす風のせいで、滝前には結構強い風が吹き付けてきて、ウィッグが乱れたりして撮影はなかなかに大変でした。
ただ、柱状節理が生み出す独特な景色は見事なもので、撮影していてもなかなかに楽しかったです。

撮影の終盤付近から、チラホラとカップルがやってきたりして、どうにも集中しきれなくなったので、それをきっかけとして撤収することにしました。
この唐谷滝は、紅葉の時にはあかがねとよ共々綺麗な景色が楽しめそうなので、紅葉の季節に改めて訪れたいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/926-2db1aef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。