駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

出雲日御碕燈台 with Alice 【2014.9.14 島根遠征その4】 

昨日、久しぶりの皆既月食ということで、仕事が終わった後に月が綺麗に見える山奥へと野外撮影へと出かけました。
皆既月食とドールとのコラボを狙ったのですが、結果はあえなく惨敗。
月は肉眼では大きく見えても、実際の所は五円玉の穴からでも見えるぐらいの大きさしかないので、ドールとのコラボなんてできるはずもありませんでした。
実際、皆既月食とドールとを一緒に撮ったのですが、月はごま粒大にしか写ってくれず、皆既月食かどうかすら分からないような有様でした。
皆既月食とドールとを綺麗にコラボさせようと思えば、月をまず望遠で適当な大きさで撮った上で、ドールはドールで標準レンズか何かで別撮りし、画像ソフトで二つの写真を合成しないと無理です。
おかげで一つ賢くなりましたが、少し頭を働かせれば分かる話なので、何だかなといったところではあります。
冷たい現実に撮影する気力も失せてしまいましたが、そのまま尻尾を巻いて逃げ帰るというのも癪だったので、夜景撮影の練習をしてみましたが、ストロボオンリーというのは意外に辛く、定常光としてリングライトを使うのが良さそうな感じでした。
安物のリングライトなので、少し色被りを起こしてしまうのが難ですが、ドールに変な影が出ないので、ストロボオンリーよりは見られる写真になりました。
昨日撮った写真は、さすがに使えるレベルにはないので、このまま没にするつもりですが、いずれまた四日市のコンビナートで夜景を撮ろうかなと思っているので、その際には昨日の教訓を活かして綺麗な夜景とドールとのコラボが撮れればと思ったりしています。


さて、前回に引き続き島根遠征で撮ってきた写真を紹介していきます。
遠征二日目は、この遠征の本来の目的である旧交を温めるための集まりが午後に控えていて、野外撮影は午前中の限られた時間にしかできなかったので、出雲日御碕燈台を目指し6時に松江のホテルを出発しました。
予定では7時頃に到着し、そのまま1時間ほど撮影した後、帰りがけに旧大社駅に寄って軽く野外撮影をして、再び松江に戻るつもりでしたが、前日にガソリンを入れ忘れたせいで途中でエンプティーランプが点滅してしまい、あえなく計画が頓挫。
エンプティーランプがついても50kmぐらいは走れるので無視しても良かったのですが、油断して途中でガス欠になると目が当てられないことになるので、やむなくガソリンスタンドが空くまで待機しました。
7時オープンの店だったことが災いして、日御碕燈台に着いたのは結局8時頃と、早起きした意味があまり無い時間帯になってしまい、出雲日御碕燈台でしか撮影できなくなりました。
お陰でテンションが少し下がりましたが、時間を無駄にするわけにもいかないので、ひとまず駐車場から灯台へ向かいました。

  _MG_0149

こちらは、遊歩道に設けられた石碑ですが、景観にマッチしていて悪くありません。
灯台はこんな感じ。

  _MG_0139

石碑のある場所から少し岩場を奥に入った場所から見た眺めですが、なかなかに絵になる灯台です。
灯台に近づいて撮ったのがこちら。

  _MG_0156

すぐ側まで近づけるようになっていましたが、あまり近くでは撮りづらく、メインスポットということでいつ何時観光客が来るかわからないということもあって、ロケ地は先ほどの石碑の近くにしました。
それが、こちら。

  _MG_0144

灯台からは少し離れていて、観光客もこちらまでは来なさそうだったので、ここで撮影を行いました。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_9973

  _MG_0040

    _MG_0029

  _MG_0103

  _MG_0095

  _MG_0083

撮影開始直後に雲行きが怪しくなり、あれよあれよという間に雨が降ってきて、危うく撮影ができなくなるところでしたが、通り雨だったようで、その後は雲が出ていたもののなんとか撮影を続けることができました。
最初にケチがついたせいでテンションを上げるまで時間がかかりましたが、一度気分がのると進みが早く、気づいたらタイムオーバーとなり強制終了する羽目になりました。
本当はもう少しポーズや場所を色々と変えて撮影したかったのですが、予定が押していたのであまり無理ができませんでした。
まあ、時刻も9時を回り、ボチボチと観光客が姿を見せ始め、撮影場所にしていた岩場にも観光客が浸食しはじめていたので、よいタイミングではありましたが。

この出雲日御碕燈台は、今まで色々と巡ってきた中でも一番綺麗な灯台で、適度に離れた場所に広い岩場があったりして撮影もしやすい場所でした。
観光地なので、早朝に行かないと撮影するには厳しい感じですが、天気さえ良ければ撮影も楽しめるのではないかと思います。
ただ、早朝は早朝で、観光客の代わりに釣り客がいるので、それはそれで気を使うのですが。

ということで、次回からは遠征三日目に撮ってきた写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/922-8ab15b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。