駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

久々子湖 with Yurisa 【2014.8.30】 

10キロ近い機材をショルダーバックに詰め込み山道を歩いたせいで肩を少し痛めてしまったので、VANGUARD カメラハーネス ICS Harness L メッシュ ブラックを注文しました。
本当は、山登りというか長い距離歩く時用にリュックサックタイプのカメラバックを新しく買うつもりでしたが、新しいカメラバックを買ってしまうと、せっかく高いお金を出して買った今のカメラバックが無駄になるので断念しました。
今回注文したハーネスはそれなりに良い値段がしますが、今使っているVANGUARD ショルダーバッグ The Heralder 17L PCスペース有 三脚脱着可能 ブラック The Heralder 38がリュックサック的に背負えるようになるギアで、新しく鞄を買うことなく今よりもずっと楽に機材が運べるようになる優れものです。
最初からバックに付けて売れよと思わないでもないですが、値段が上がってしまうので難しいのかもしれません。
週末までには届くので、今週末にリベンジする予定の材木滝で活躍してくれそうです。
それと、滝の周辺では高確率で足下が濡れていて、普通の靴では滑って動けないことがままあるので、ハーネスとあわせて安物の沢靴を注文してみました。
手持ちのウェーダーは水辺での撮影では抜群の働きをしてくれるのですが、持って歩くには嵩張りすぎていただけないので、少し遠くまで歩く必要がある時のために今回注文した沢靴を使うつもりです。
ドール撮影というより、滝を撮影するための機材を揃えている感じがしないでもないですが、滝での撮影が野外撮影の基本になっているのでやむを得ません。
どの程度使えるかは実戦投入してみないとわかりませんが、ハーネス共々使えるアイテムであることを期待したいです。


さて、前回に引き続き敦賀遠征で撮ってきた写真を紹介していきます。
ひとまず、今回で最後です。
沓海水浴場を後にして、最後の目的地として黒河渓谷へと向かいました。
が、BBQを楽しんでいるらしい若者達に占拠され、とても野外撮影を楽しめるような余地はなかったので断念。
やむなく目的地を変え、三方五湖へ向かうことにしました。
行く予定ではなかったこともあってほとんど何も調べてもいなかったので、適当に車を走らせ目についた場所で車を停めました。
車を停めたのは久々子湖で、こんな感じでした。

  _MG_8108

水辺には砂が堆積していて、中州的なところに歩いて行けそうな感じで、少し面白そうだったこともあって、ひとまずここをロケ地にすることにしました。
中州的な場所がこちら。

  _MG_7983

念のため長靴に履き替えましたが、足下は沈むことなく比較的しっかりとしていて、撮影する分には支障がなさそうだったので、ひとまずここで撮影を開始。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_8038

  _MG_7995

  _MG_8066

  _MG_8079

  _MG_8052

  _MG_8087

野外撮影のオーラスということもあって、疲れが溜まっていたのか、あまり撮影が上手くいきませんでした。
疲れてくると、地が出るというか、素の状態になるというか、ポーズを含めて何もかもがイマイチなレベルに落ち込んでしまいます。
通常でも残念なレベルなので、代わり映えしないといわれればそれまでなのですが、撮っていて楽しくないというのが決定的な違いではあります。
この撮影では、本当は中州を利用して黄昏の湖に佇むイメージで撮影したかったのですが、棒立ちばかりでイメージとはほど遠い有様に仕上がりました。
ポーズのレパートリーが極小なので、調子が良いときでもイメージ通りにするのは難しいのですが、面倒くさくなってトライアンドエラーをあまりしなかったのが大きいかなと思います。
結局の所、疲れていると良い写真を撮るために粘ろうとしなくなるわけで、そういう所から少しずつ綻びが出始め、結果として残念な写真を量産する羽目になります。
人間なので気分に波があるのはやむを得ませんが、せっかく出かけた先ということを考えると、もう少しなんとかならないものかとは思います。
まあ、それができたら苦労はしないのですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/911-9c653848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。