駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

沓海水浴場 with Alice 【2014.8.30】 

昨日、野外撮影に行ってきました。
生憎の曇り空でしたが、雨に祟られた8月を思えば、雨が降らないだけでもだいぶマシではあります。
雨が降ってしまうと、屋内でしか撮影できませんから。
今日は昨日よりも良い感じに晴れてくれたので、行く日を間違えたと思わないでもないですが、野外撮影の翌日は体が酷くだるくなり土曜日以外に選択肢はないので、望むべくもない話ではあります。
重い機材を担いで動き回るのはさすがに老体に堪え、疲れを抜くのにどうしても一日を要してしまい、日曜日だと週明けの仕事に思いっきり差し障りがでてよろしくありませんから。
話が逸れましたが、昨日出かけた先は、下呂市の小坂というところです。
ここは多くの滝があることが売りな場所で、滝をテーマにして色々と回ってみました。
最初に訪れたのは以前訪問したことのあるあかがねとよと唐谷滝で、撮影はそれなりに順調に進みましたが、道中がすれ違いも困難なダートということもあって、運悪く帰り道でこの手の道を走り慣れていない車に遭遇してしまって、少し辟易とさせられました。
少し下がれば待避場所があるのに何を考えているのか固まったまま動かず、こっちがそれなりの距離をバックしなければならなくなりなんだかなといった感じでしたが、すぐ側はガードレールのない谷になっているので、車を運転し慣れていない人には厳しかったのかもしれません。
まあ、それだったら初めからこんなところに車で来るなよという話ですが、ネットにはそこまで情報が上がっていないので、やむを得ないのかもしれません。
唐谷滝の後は、濁河温泉方面にある材木滝と仙人滝を回りましたが、初めて訪れる場所ということもあってなかなかに楽しめました。
材木滝では時間がなく駆け足での撮影となってしまったのが心残りですが、往復で1時間ほどかかるうえに急傾斜の山道とあって再訪はもう少し後かなと思います。
ただ、時間切れで行けなかった滝があったりしたので、来週にでも再訪したいなと思ったりもしますが、少し遠くて行くのが億劫だったりするので予定は未定です。
昨日撮ってきた写真は後日紹介していきますが、積みネタが多いので少し遅くなりそうです。


さて、前回に引き続き敦賀遠征で撮ってきた写真を紹介していきます。
思ったほどでもなかった池河内湿原を後にして、次に向かった先は敦賀半島です。
水晶浜あたりで撮影しようかと思っていましたが、まだ営業中で海水浴客が多くてとても野外撮影で使えそうにはなかったので、あてどなく車を走らせた挙げ句、水晶浜の反対側にあった沓海水浴場に辿り着きました。
沓海水浴場はこんな感じ。

  _MG_7977

海水浴場にしては狭く、周囲にはお店もないので、地元の人がひっそりと楽しむような感じの場所です。
海水浴を楽しむには時期が遅かったこともあり、浜には誰もいなかったので、ひとまずここで撮影することにしました。
撮影場所がこちら。

  _MG_7978

レジャーボートが浜辺に置かれていたので、ここをメインに撮影をしました。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_7860

  _MG_7870

  _MG_7884

  _MG_7904

  _MG_7951

浜辺なんかでも撮影したのですが、出来上がった画がいかにも残念なものだったので、割愛してボートで撮影したもののみを紹介することにしました。
まあ、ボートで撮った写真もそれなりに残念なものが多く、結果的にあまり変わらない感じでしたが。
今回の敗因は、腕がないことは当たり前なので置いておくとして、背景がイマイチだったことがやはり大きいです。
ボートのすぐ後ろには民家が迫り、海のすぐ先には波消しブロックが鎮座し、そして遠くには大きなクレーンが絶賛稼働中とあって、どこをどう切り取っても背景が雑然としたものになってしまって、撮影するにはあまりにも不向きでした。
背景の駄目さ加減は撮影を始めた時には気づいていたのですが、新しく場所を探すのも面倒だったので、ついそのまま撮影を続けてしまいました。
ただ、できあがった写真の惨劇を目の当たりにすると、やはり見切りを付けてすぐに別の場所に移動すべきでした。
今まではブログのネタができればそれでよかったのであまり気にしていませんでしたが、良い写真を撮ろうと思うと当然背景にも気をつけねばならないので、これからはこのへんにも注意を向けていかねばなりません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/910-208e02d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。