駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

姫川源流 with Mafuyu 【2014.8.22】 

今週末も雨のようです。
本当にこの夏は雨に祟られますが、このまま秋雨に突入しそうな勢いもあり、この先の野外撮影のことを考えると少し憂鬱です。
雨が降ったときのロケ地といえば豊郷小学校旧校舎群ですが、8月が雨降りだったお陰で使い倒してしまい正直少し飽き気味です。
一方、新規開拓した旧鎌掛小学校といえば、思わぬ地雷が埋まっていてそう易々とは使えず、雨の日の撮影場所に困ることになりそうですから。
本当は雨降りだった8月の鬱憤を晴らすため、9月は山奥の渓谷なんかでキャッキャウフフと撮影するつもりだったのですが、雨が続くとその夢も儚く消えてしまいそうな感じです。
唯一の救いは、先週の日曜日に渓流で野外撮影を済ませていたことでしょうか。
お陰でこの夏の目的だった水遊びの写真をなんとか残すことができました。
ただ、撮影場所が木々が鬱蒼と生い茂る渓流ということもあって、吐き出された画には夏の爽やかさなど微塵もなく、逆に陰鬱な感じになってしまったので、夏らしさを出すためリベンジをしたいのが本音ではあります。
せっかく夏だというのに、夏の雰囲気が残せないのは癪ですから。
今のところ土曜日は曇りマークなので、一縷の望みをかけて先週末見送った付知峡のさらに奥へと足を伸ばそうかなと思っていますが、明日は確実に雨のようなので川の増水が気になるところです。
さすがに増水した川に入るのは色々と怖いですから。
誰にも気づかれず、ドールを残したまま川を流されていくというのも切ない話ですし。
滋賀県の北部は少なくとも雨は降らないみたいなので、余呉湖辺りでお茶を濁すことになりそうな気もしますが、綺麗な清流で撮影を行い一夏の思い出を残したいところです。


さて、前回に引き続き長野遠征で撮ってきた写真を紹介していきます。
長野遠征で撮ってきた写真の紹介は、ひとまずこれで最後です。
風が強くなった木崎湖を離れ、次に向かったのは姫川の源流です。
姫川源流は、木崎湖からは30分ほどの距離にあり、仁科三湖の一番上にある青木湖のほど近くにあります。
入口がこちら。

  _MG_6724

幹線道路から伸びた側道の入口に看板が設けられていましたが、うっかりしていると見落としてしまいそうな感じのものです。
この先は車の乗り入れが禁止になっていたので、入口付近にあった駐車場に車を停め、奥へ目指します。

  _MG_6608

アスファルト舗装が途切れるとそれらしい遊歩道が姿を見せました。
道は途中で姫川源流へ向かう道と親海湿原へ向かう道とに分かれますが、訪れたのが少し遅かったので寄り道せず姫川源流域へ進みました。

  _MG_6616

現流域付近には、強化プラスティックらしい擬木製の遊歩道が設けられていて、緑の中によく溶け込んでいました。
木製の方がなお良かったのですが、メンテナンスを考えるとやむを得ないのかもしれません。
最奥にあった源流域がこちら。

  _MG_6620

水はもう少し奥から流れてきていましたが、水面に一番近づけるのがこの場所でした。
夕方近くということもあって、人が来る気配がなかったので、この源流域付近で撮影を開始。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_6625

  _MG_6635

  _MG_6670

  _MG_6716

  _MG_6695

  _MG_6704

人気のない森の中ということに加え、日が沈みはじめ周囲が暗くなりつつあるということもあって、テンションを上げるのに苦労しました。
根が小心者なので、静まりかえった薄暗い森の中での撮影というのは正直苦手で、周囲の物音に気がとられてしまって撮影に意識を向けるのが難しかったです。
それでもなんとか撮影を続けましたが、ようやくエンジンが掛かり始めたところで、関西弁のけたたましい話し声が聞こえてきてしまい、一気にテンションがダウン。
時刻は17時近くということもあり森の中は既に薄暗く、家族連れの観光客が訪れるような時間帯ではなかったのですが、せっかくということで立ち寄ったのかもしれません。
水辺で遊び始めたりと居座る気配が濃厚だったので、時間もなかったのでやむなく撮影を終了することにしましたが、いかにも消化不良でした。
やはり、ハイシーズンの長野に野外撮影に出かけるのは無謀だった感じです。

この姫川源流は、初めて訪れた場所でしたが、時期が少し悪かったようで雑草が生い茂りすぎていました。
ネットで見かけた写真ではあまり草が生い茂っていなかったので、これにはすこしがっかりでした。
訪れるなら雑草があまりない春先かなと思いますが、秋に木崎湖を訪れるときに改めて訪れてみたいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/901-4300824b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。