駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

美ヶ原高原(盛夏) with Saber 【2014.8.22】 

冷やかしで応募していた限定DDが当たりました。
当たったのは真の方で、アリサは案の定というか外れました。
各種の情報を総合するとアリサは現物が限りなく少なかったようで、当たらなかったのもむべなるかなといったところです。
一方の真といえば、アフターの各SRでも受注券がだだ余りだったようで、こちらも当たって当然と言えば当然な感じです。
Webと店舗とは違うと言えど、傾向は似たり寄ったりでしょうし。
欲しくて応募したものではなく財政状況も厳しいので、ボークスに仁義を切る必要もないことも考慮し、タイムリミットの金曜日が過ぎるまでそのまま放置しようかなと良くないことを考えていたりもします。
本当に欲しい物は当たらず、いらない物が当たるというのはよくある話ですが、実際に我が身に起こってみるとなんとも嫌な話ではあります。
死んだ子の歳を数えるのと同じように意味がない話ですが、真の代わりに神崎蘭子が当たっていればと思わないでもないですし。
仁義を切って真を引き取るにしても、ネックなのは11月になってからしか発送されないこと。
ミクがいつ来るかはわかりませんが、タイミングが悪いとお迎えの時期が重なりそうな感じですから。
せめて、9月末に来てくれるのなら、お迎えしてもよいのですが、ミクが来たら正直構う余裕がなくなるので、注文しても無駄遣いにしかならないのは明白です。
期限は今週末までなのでそれまで熟考しようかなと思いますが、何だかんだいって買うことになると思われ運もお金も無駄に使った感が否めません。


さて、今日からは先日出かけた長野遠征で撮ってきた写真を紹介していきます。
今年の夏は天候不順で、週末はほぼ雨でしたが、この日は梅雨の晴れ間というか珍しく晴れるとのことだったので、冬に出かけて以来ご無沙汰だった美ヶ原へまず向かいました。
高速の出口を間違え、無駄に遠回りする羽目になりましたが、道は冬のそれと比べるとずっと快適で、滞りなく美ヶ原の駐車場に到着。
平日の午前中でしたが、首都圏から流れてきた観光客が犇めいていて、少しミスった感じでしたが、荷物を担いでテレビ中継塔群を目指し出発。

  _MG_6348

雲一つない快晴で絶好のハイキング日和でしたが、強風が吹き荒れ野外撮影するにはかなり厳しい状態でした。
引き返して別な場所を当たった方が賢明でしたが、せっかくということで先を進みました。

  _MG_6354

こちらは、山小屋を越え牧草地の間を抜ける砂利道です。
冬には完全に埋もれてしまう柵も、夏ということで全体が見えています。
思っていたよりも柵は高く、冬の積雪量の多さがよく分かりますが、雪に埋もれていた方が自由に撮影場所が選べるので、少し窮屈な気がしないでもないです。

  _MG_6465

  _MG_6486

こちらがお目当てだったテレビ中継塔で、上が美の塔付近から、下は牛臥山へ至る遊歩道の途中から撮影したものとなります。
凍てつく真冬に初めて目にしたときは、そのSF的な眺めに感動しましたが、抜けるような青空の下でも近未来的なそのフォルムは目を引き悪くありません。
観光客が多いだけでなく、風が致命的なまでに強く、ほとんどの場所が有刺鉄線や柵で囲われていて撮影できる場所がないとあって、野外撮影には全く向かない状況でしたが、せっかくということで美の塔の側に設けられていた広場の片隅で撮影をしてみました。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_6388

  _MG_6381

  _MG_6419

  _MG_6429

  _MG_6444

  _MG_6502

我ながらお粗末な写真だと言わざるを得ません。
どんな状況でも一定レベルの写真を撮るのがベストなのですが、発展途上というか腕がなまくらというか、少し油断すると腕前が初期状態に戻り残念な写真を量産してしまいます。
写真のテクニックが身についていないせいなのでしょうか、もう少しなんとかならないものかとは思います。
とはいえ、吹き荒ぶ強風にウィッグが千々に乱れ一瞬でも落ち着くときがない上に、ディフューザーを展開できずレフ板のバウンスに頼らざるを得ない状態だったので、やむを得ないところもあるのですが。
無理な環境で撮影しても碌なことにはならないという典型でした。
それと、思いの外ウィッグが似合っていなかったのも敗因でした。
セイバーのショートカット用として姫カットと色を揃えて買ったのですが、正直おばさん臭くて見られたものではありません。
オルタには良く似合っていた髪形だったので買ったのですが、少し失敗でした。

美ヶ原は眺めこそ綺麗ですが、風の通り道に位置するのか冬風が強く、未だ未熟な撮影テクニックでは太刀打ちできない場所ということを痛感しました。
夏は撮影場所が限られ良いスポットがなく、冬は環境がより過酷になり行くだけで命がけになるので、ひとまずここでの撮影はすっぱりと諦めようかなと思います。
ただ、いずれ腕が上がり、満足の行く写真が撮れるように鳴ったら、リベンジしたいところではあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/899-1c74fa7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。