駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

豊郷小学校旧校舎群(北階段) with Alice【2014.8.9】 

期待していたスマートドールもドール業界特有の残念な売り方のようで、オートマチック版の購入は控えた方が良さそうな感じです。
それほど作るのが難しいとは思えないマニュアル版ですら買うための難易度が無駄に高いので、本命のオートマチック版となるとさらに買うための難易度が上がり、ボークスよろしくフラストレーションが溜まりそうですから。
まあ、スマートドールについては、ボークスとぶつからないため、敢えて国内市場では積極的に打って出ないだけかもしれませんが。
オビツみたいに特許訴訟でガチンコ勝負するだけの体力もない気がしますし。
それにしても、新興企業ですらこのザマなのを見るにつけ、ドール業界というのは本当に特殊な業界です。
オビツ並みに全ての会社が商品を潤沢に供給しろとは言いませんが、せめてアゾンぐらいの売り方にしてくれるともっとこの趣味もより楽しめる気がします。
アゾンは、ほどよく飢餓感を煽っているものの人気がある物はすぐに受注に切り替えるうえに、キャラ物は原則受注になっていたりして、顧客のヘイトを溜めず新規の顧客も買いやすい売り方ですから。
とはいえ、機会損失を最小限に抑えたうえで在庫リスクを最小化し、会社を安定的に維持していこうと思えば、普通はアゾンみたいな売り方に行き着くとは思いますが。
せっかく流入してきた新規顧客層を無駄に弾くのは、長期的に見れば自分で自分の首を絞めるだけで損失しかないですし、売れない商品まで潤沢に生産して不良在庫の山を築くのも会社が傾くだけで得策ではないですから。
限定煽りに食いついていくほどの気力はないので、そういった企業とは適当な距離をおいて付き合っていくに限りますが、ドール業界は商慣習が色々と狂っているので、このままだとカメラの方に関心が移ってしまいそうです。


さて、前回に引き続き豊郷小学校旧校舎群で撮ってきた写真を紹介していきます。
豊郷小学校旧校舎群は、撮影できる場所は限られているので、講堂を離れて次に向かった先も毎度お馴染みの北階段です。
階段はこんな感じ。

  _MG_5431

北階段はメインの導線から外れているので、講堂の側にある南階段と3階の部室へと続く中央階段と比べると、人通りは格段に少なく撮影向きの場所です。
この日も訪れる人が少なく、撮影しやすそうだったので、ここで撮影をすることにしました。
ということで、写真を貼っていきます。

  _MG_5461 

  _MG_5568

  _MG_5543

  _MG_5514

  _MG_5518

  _MG_5508

  _MG_5487

今回は特にテーマとかは決めておらず、ドールショウで買ったまま腐らせていたドレスを着せて写真を撮ろうということだけで撮影を始めました。
が、撮り慣れた場所ということもあり、どうにも良いアイデアが浮かばなかったので、アリスを女の子っぽく写してみようということを目的にして撮影を仕切り直しました。
女の子らしくみせるため、クマのぬいぐるみを抱えさせて撮影しましたが、持ち方が全部一緒になってしまい変化がつかなかったので、持ち方なんかをもう少し柔軟に変えた方がよかった気がします。
日頃小道具を使って撮影をすることがないので、このへんについてはもう少し練習が必要です。
それと、カメラ目線が多かったのも難でした。
癖というか何というか、どうしてもカメラ目線ばかりになってしまっていただけませんが、セオリーどおりに空いてる空間に走らせた方が、もう少しストーリー性が出た気がします。
少女らしさが出たかは不明ですが、お題があった方がアイデアが浮かびやすいみたいです。

階段での撮影にも満足したので、最後の〆として再び講堂へと舞い戻りました。
ということで、次回も引き続き豊郷小学校旧校舎群で撮ってきた写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/894-553765c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。