駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 近江鉄道本線編第8回目 尼子駅 

午前中で雨が完全に止んだので、思い立って信楽高原鉄道へ行ってきました。
こちらは、以前一度訪問したことがあるのですが、ブログで紹介できる写真を撮っていなかったための再訪です。
近場だったので、高速を使って1時間30分ほどで到着。
日没までの時間が3時間ほどしかなかったので、駆け足で撮影していきました。
二度目ということだったので、それほど迷わずに済み、なんとか予定よりも早く撮影を終了。
ほっと一安心でした。
ただ、晴れたり曇ったりと移ろいやすい天気だったので、少し撮影には難渋しましたが。
ちなみに、この信楽鉄道は、個人的にはお勧めの路線です。
駅は六駅しかありませんが、それぞれに個性があってなかなか悪くありませんし、自然深い地を走ってるので季節の移ろいを感じることもできます。それに、極めて短い路線なので、気軽にローカル線の味わいを楽しめたりもします。
思いのほか早く信楽高原鉄道の撮影が済んだので、沈みゆく太陽を気にしながら、近江鉄道の撮り残しの駅へも足を伸ばしました。
信楽高原鉄道は、近江鉄道と貴生川駅で結ばれており、距離的に何とかいけそうな感じでしたので。
撮り残していた「河辺の森駅」は何とか日没のぎりぎり前に撮影できたましたが、後に回した「八日市駅」では完全に日が沈んでしまい、夜陰の中での撮影となってしまいました。
そのせいで、手ぶれ気味な写真となってしまいました。
まあ、再訪する気力はもうないので、何とか使えそうな写真をブログにアップしていきます。
ひとまず、これで近江鉄道もコンプリートできたので、今日は満足できる一日でした(ひこね芹川駅は知らなかったふりです)。

さて、駅舎紹介をはじめていきます。
今日紹介するのは、高宮駅の次の駅、「尼子駅」です。
高宮駅からは一旦国道8号線に出て、そこから少し下り県道227号線で左折し、そのまま直進していけば迷わず辿りつけます。
迂闊に裏道を通るとはまるので、今回はこのルートで車を走らせ、駅へと無事たどり着きました。
まだ建てられてから間がないことを示すように、駅前は綺麗に整備されていました。
駅前に広々とした駐車スペースがあったので、邪魔にならない場所に停め、出迎えてくれた駅舎を撮影します。

尼子駅

堂々とした日本家屋風の駅です。
もっとも、高宮駅同様コミュニティセンターを併設した真新しいもので、木造ではなく鉄筋コンクリート造のようでした。
時代に取り残されたような古い駅舎が好きな身としては、ちょっと残念なところですが、変なデザインでないだけマシといったところです。
何より清潔感がありますし。
無人駅だったので入口をくぐり駅の中へ入ります。
駅とホームは完全に分離しており、構内踏切で結ばれていました。
そこで、構内踏切からひとまずホームの全景を撮影します。

尼子駅ホーム

1面2線の島式ホームで、こちらも駅舎同様にまだ新しさを残していました。
このときちょうど電車が到着しましたが、一人しか降りてきませんでした。
周りにそれほど民家がある場所ではないので、利用客は少ないのかもしれません。
ちなみに、ホームの左手、一段高い場所を走ってる線路は、東海道新幹線です。
電車が走り去ったのを見届け、ホームに上がり八日市方面を撮影します。

尼子駅ホーム八日市方面

大きな庇がでんとホーム上に張り出しています。
古レールを再利用したものであれば味があって良かったのですが、新造駅ぽかったので望むべくもありません。
続いて駅舎の後姿を撮影。

尼子駅背面

表側とそれほど印象は変わりません。
あまり味わい深い駅ではなかったので、さっさとホームの端へ歩いて行き、米原方面を撮影。

尼子駅ホーム米原方面

ちょっと変則的な形の架線柱がホームの中央にそそり立ってます。
どうせならホームをまたぐ形で造った方がすっきりとして綺麗なのですが、この辺は経費削減のためなのかもしれません。
最後にホームに建っていた駅名表示札を撮影して〆ます。

駅名表示札

こちらは他の駅と変わらない代物でした。

尼子駅は新造駅ということで清潔感はあったものの、時代を経てきた建物が持つ特有の雰囲気がなく、何だか味も素っ気もないような感じでした。
まあ、利用者には使い勝手の良い駅なのかもしれませんが。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅「豊郷駅」を紹介します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/88-505b5bed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。