駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

柏島(観音岩) with Alice 【2014.7.18 四国遠征その5】 

ドルパが1週間後に迫ってきたわけですが、未だに参加するかどうか悩んでいます。
無駄遣いをしまくりで財政状況に余裕がないのがそもそもベースにあるのですが、今回のドルパはどうも雨らしく、それが参加を躊躇わされます。
目当てのディーラーさんは二つしかなく、買い物にかかる時間もせいぜい2時間ぐらいなので、大阪ドルパ遠征のメインはその後の野外撮影になるわけですが、雨となるとそれも難しくなります。
そうなると、僅か2時間程度の買い物のために、早起きして大阪まで出向くというのも億劫な話です。
雨の中、運転の荒い大阪市街地を走るというのも、色んな意味で厳しいものがありますし。
翌日は残念なことに仕事だったりして、あまり無茶もできないので、9月の島根遠征に備えて資金を温存し、ドルパは欠席するのがベストな気がしています。
目当てのディーラーさんの販売物を見てから、行くかどうかの最終判断しようかなと思ってはいますが、前日の夜中まで販売物のアップがなかったりするので、結局見切り発車で決めないといけなさそうではあります。
夏服が少し心許なく、10月のアイドールを待っていると時機を逸する感じなので、ディーラーさんの販売物に期待して大阪ドルパに買い出しに出た方が幸せになれる気もしますが、いい加減物欲を抑えねばならないとも思ったりして、色々と悩ましいものがあります。
先はまだ長いので、もう少し悩んでみるつもりですが、自制心がないので行くことになりそうな気がしないでもないです。


さて、前回に引き続き四国遠征で撮ってきた写真を紹介していきます。
遠征二日目の二箇所目の訪問先は、柏島海水浴場のほど近くにあった観音岩です。
あまりの暑さに柏島海水浴場を逃げ出しましたが、このまま柏島を後にするのもなんだったので、帰りがけの駄賃として寄ることにしました。
観音岩へ続く入口の前に駐車スペースがあったので、そこに車を停めていざ入口へ。

  _MG_3185

写真の撮り方をミスりましたが、観光案内看板の裏手に観音岩への入口があります。
観音岩へ続く遊歩道はこんな感じ。

  _MG_3187

遊歩道はきちんと整備されていますが、訪れる人が少ないせいか、整備された当時のまま手が入っていない感じで、少し荒れていました。
遊歩道を進んだ先にあった観音岩がこちら。

  _MG_3190

観音様に見えなくもないです。
紺碧の海にそそり立つ姿は圧巻でしたが、野外撮影するには場所が狭すぎて、バランスを崩したが最後、ドール諸共海に堕ちそうな感じだったのでここでの撮影は断念。
その代わり、観音岩の斜め上に展望台が見えたので、道を引き返してそちらへ出向きました。
が、思いの外遠い上に、展望台へ続く道は上り坂とあって、重い機材を抱えて歩くには少し厳しかったです。
辿り着いた展望台がこちら。

  _MG_3246

床は枯れ葉なんかで少し汚れていましたが、遊歩道の汚さに比べると思いの外綺麗な展望台で、撮影するには悪くない感じでした。
暑くて色々といっぱいいっぱいでしたが、ひとまずここで撮影することにしました。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_3213

  _MG_3224

  _MG_3235

  _MG_3240

  _MG_3241

遮るものがない上に、照り返しが強く、撮影をするにはかなり過酷な場所でした。
ただ、景色は格段に綺麗で、晴れ渡れば水平線の彼方まで見通すことができ、良い写真が撮れそうな気がします。
この撮影の時には、SMDVのソフトディフューザーを持っていくのを忘れてしまったのでアンブレラを使うことにしましたが、風で倒れまくって使えなかったのでやむなくストロボの直炊きで対応。
が、ストロボ装備のディフューザーは気休め程度にしかならず、光がかなり硬くなってしまって失敗でした。
今思えば、レフ板で光を起こした方がよかった気がしますが、あまりの暑さに現場ではそこまで頭が回りませんでした。
この撮影では、出来上がった写真よりも、熱中症対策が大切だと身に染みて理解することができたのが一番の収穫でした。
今まで色んな場所で撮影してきましたが、暑さで倒れそうになったことなどなく、夏の暑さを幾分か甘く考えていましたが、あまりの暑さに意識を失いそうになったりして初めて身の危険を感じました。
本能的に危険を察知し途中で撮影を切り上げたので良かったですが、そのまま続けていたら色々と危なかった気がします。

暑さに負け、観音岩からそそくさと逃げ出し、次の目的地の竜串海岸へと向かいました。
ということで、次回は竜串海岸で撮ってきた写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/877-21887f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。