駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

柏島海水浴場 with Alice 【2014.7.18 四国遠征その4】 

今日も悪天候をついてどこかに野外撮影に出かける予定でしたが、寄る年波に勝てず昨日の撮影の疲れから体中が悲鳴を上げていたのでやむなく見送ることにしました。
少し前までは二連チャンも余裕だったのですが、釣瓶落としのように老化が進んでいます。
十代の輝きを再びと思わないでもないですが、無為に過ごして失った時間はもう取り戻すことはできないので、冷たい現実を受け入れるしかありません。
とはいえ、歳をとると退屈な日々が矢のような速度で過ぎ去ってくれるので、悪いことばかりではないのですが。
やることがなくなったので、暇つぶしがてら昨日撮ってきた写真を軽くチェックしてみました。
今まではその場でカメラのモニターを確認したら、後はブログを書くまで見向きもしなかったのですが、撮りっぱなしでは成長が見込めないので、記憶が残っているうちに見直すことにしました。
そんな基本的なこともしてこなかったのかと言われればグーの音も出ませんが、小さなことからコツコツとです。
見直して気づいたのは、ポージングが微妙なことは言わずもがな話ですが、細かな所に注意が向いていないということでしょうか。
フレーミングが甘く余分なものが写っていたり、背景にゴミが落ちていたりと、少しいただけませんでした。
こういう細かな所をスルーしてきたので、1年経ってもあんまり成長していない原因のような気がしますが、あまりギリギリと追い込んでいくと趣味として楽しめなくなるので、次から細かい所へ注意を向けるよう心がけていくことにします。
昨日の今日で、それほど写真がよくなったわけではないのですが、反省点が多々見られたので、次回の撮影ではそのへんに注意する必要がありそうですが、次の撮影の時には忘れてしまっている気がしないでもないです。

さて、前回に引き続き四国遠征で撮ってきた写真を紹介していきます。
今回から遠征二日目に入ります。
二日目の最初の目的地に選んだのは、エメラルドグリーンの海が美しい柏島です。
柏島はダイビングで有名な場所で、ネットに上がっていた綺麗な海の写真を見て、今回訪れることにしました。
が、四国の他の観光地がどこもそうであるように交通事情が悪い場所にあり、高知市から車を走らせること3時間30分と結構な時間がかかりました。
なので、本当は寄りたかった四万十川の沈下橋にも時間がなくて寄れずじまいで、少し残念でした。
柏島に着いたのは9時30分頃でしたが、南国だけあって既に暑く、射すような日差しに肌がひりつく始末。
柏島はこんな感じ。

  _MG_3180

写真で見たとおりの綺麗な海が広がり、俄然やる気が出てきますが、暑さですぐにやる気も萎んでいきます。
町営の無料駐車場に車を停め、すぐ側の柏島海水浴場へ。
キャンプ場閉鎖の案内看板が掲げられていて、遊泳とキャンプは禁止となっていました。
マナーの問題で閉鎖されたようですが、色んな観光地の荒れ具合を目にしていると、こうなってしまうのも無理からぬ気がします。
立ち入りは制限されていなかったので、新しく作られていた階段を登って海岸へ移動。
海岸はこんな感じ。

  _MG_3005

透明度の高い綺麗な海ですが、目の前を漁船が走っていて、泳ぐのは確かに危険そうな感じです。
日差しがきつかったので橋の付近を撮影場所としました。
それが、こちら。

  _MG_3173

橋の下の日陰はまだ耐えられる暑さだったので、ここを中心として撮影を開始。
以下、写真を貼っていきます。

  _MG_3149

  _MG_3050

  _MG_3065

  _MG_3111

  _MG_3090

  _MG_3120

四国遠征で一番訪れたかった場所でしたが、さすがに暑さには勝てませんでした。
噴き出す汗と照りつける太陽にガリガリと思考力が削られ、綺麗な海を背景に使えたというのに上手い構図が思い浮かばず、困ったときの座りポーズということで、お座り写真が多めとなってしまいました。
何やってんだかという気がしないでもなかったですが、照りつける太陽の下で立ちポーズを決めるのは至難の業で、つい楽な方へ逃げてしまいました。
とはいえ、座りポーズでも綺麗な海を写せたので、個人的には悪くなかったかとは思います。
それと、今回はせっかく重い望遠レンズを買ったということで、少し離れた岩場に有珠を置いて撮影してみましたが、さすがに望遠だけあって十メートル以上離れていたのをものともせず綺麗に撮影することができました。
それが一番下の写真です。
写真は綺麗に撮れたものの、船が背後を通ったせいで波が押し寄せ、有珠の足が海水へ浸かる羽目になりました。
ドールと離れているとこういう事態が生じることもあるわけで、このへんのリスクを踏まえながら撮影した方が良さそうな感じでした。

暑さで思うような写真が撮れなかったのが残念でしたが、景色は想像以上に綺麗だったので訪れて正解でした。
次回は、この柏島海水浴場の次に訪れた観音岩の紹介をしていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/876-6fa76dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。