駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

開田高原水生植物園(初夏) with Alter 【2014.6.28】 

明後日に迫った四国遠征ですが、どうにも天気がよろしくないようで、行程をどうしたものかと思案中です。
二泊三日で、徳島、高知、愛媛の観光地をかいつまんで回ろうかと思っていますが、メインの二日目がどうも曇りか雨のようで、予定している柏島や竜串での撮影が微妙な感じになりそうで、少し困った事態になっています。
なので、最終日に訪れることにしていた四国カルストを先に回そうかとも考えましたが、そうすると今度は愛媛で唯一訪れる予定だった別子銅山跡に行けなくなってしまい、なかなかにスケジューリングが上手くいきません。
四国の道路網がもっと発達していればと思わないでもないですが、無いものねだりをしても意味がないので諦めざるをえません。
やむを得ないので当初の予定通りのスケジュールで強行するしかないかなと思ったりもしますが、悪天候の中、スケジュール通り動くのもつまらない話なので、ひとまず晴れそうな一日目だけスケジュールを固めておいて、あとはフリーにすることにしました。
宿も初日に泊まる高知市以外では、ひとまず予約するのを見送りました。
宿を取ってしまうと、結局行き先が縛られることになってしまい、柔軟に動けませんから。
あまりやる気が出なかったこともあって、出発間際にやっつけでスケジュールを立てることになりましたが、出発が近づいてくるとさすがにテンションが上がります。
天気はいまいちみたいですが、年に一度の遠征なので、できるだけ楽しみたいところです。


さて、前回に引き続き木曽遠征で撮ってきた写真の紹介をしていきます。
雨に祟られた田ノ原天然自然公園を後に、続いてむかった先は、以前ロケハンを兼ねて訪問した開田高原水生植物園です。
この開田高原水生植物園は、勿忘草が名物というか見所なのですが、ちょうど咲き始めたということで再訪することにしました。
田ノ原天然自然公園からは少し遠く、雨が降らないか心配でしたが、曇天だったもののなんとか持ちこたえてくれました。
開田高原水生植物園は、こんな感じでした。

  勿忘草と10

青く色づいている所が勿忘草が咲いている場所です。
別な場所ではこんな感じで咲いていました。

  勿忘草とか

せっかくここまで来たので勿忘草に寄って撮影すれば良かったのですが、望遠レンズの性能が悪かったので泣く泣く諦めました。
前回訪れた時と同じく、訪れる人は誰もいなかったので、ひとまず撮影を開始。
以下、写真を貼っていきます。

  勿忘草と6

  勿忘草と5

  勿忘草と

  勿忘草と3

  勿忘草と4

  勿忘草と8

  勿忘草と9

勿忘草が思いの外小さく上手く撮影できなかったことに加え、履かせていた靴が自立させづらいものだったということもあって、イマイチな写真となりました。
それと、これは撮影をした後に気づいたのですが、ウィッグの前髪が目にかかってしまっていて、何ともいただけない有様となっているものが多かったです。
撮影しているときにはまるで気づきませんでしたが、こういうミスは少し注意すれば防げることなので少し反省です。
いつも通りという話もありますが、食事抜きで撮影したのがやはり悪かったようです。
お腹が空いては戦が出来ないと言いますし。
野外撮影ではつい時間が惜しくて食事を抜いてしまうことも多いのですが、きちんと撮影をしようと思えば、やはり食事をちゃんととった方がよさそうです。

今回、初めて勿忘草を目にしましたが、思ったよりも可憐で綺麗な花でした。
もっと近くで見ることができればなお良かったところですが、それを補うようにカキツバタが色鮮やかに咲き誇っていたので、見応えは十分でした。
入園料なんかはなく、誰でも無料で見ることができるので、お勧めです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/863-b29941cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。