駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

21世紀の森公園(株杉の森) with Alter 【2014.6.21】 

ドルパのガイドブックが到着しました。
予約し忘れていたので、名古屋SRまで買いに行こうかなと思ってましたが、面倒くさくなってWebで注文。
代引きを使ったので無駄な出費が増えてしまいましたが、SRに行った場合には駐車場代やガソリン代がかかってしまい、トータルコストはあまり代わらないので目を瞑ります。
ディーラーリストをパラパラとめくってみましたが、お目当てのディーラーさんが出店されるようで少し安心しました。
限定DDは買わないと決めているので、ディーラーが外れだったら目が当てられないですから。
前回のドルパで間違って買ったMDD用の服がオビツ勢にぴったりだったので、今回はそのディーラーさんでDDの服とあわせてMDD服を買い漁る予定ですが、その他にもアクセサリや帽子なんかも買おうかなと思ってます。
服はそこそこ増えてきていますが、アクセサリは未だ数が少なく、しっくり来るものがあまりなかったりして、少し不満があるので
それと、今回のドルパも交流するあてなどなく、ディーラー巡りが中心なので、京都ドルパと同じく12時ぐらいには撤収して、午後から野外撮影をしようかなと考えています。
本当は公共交通機関で来る予定だったので、撤収したらそのまま日本橋のアゾンや大阪SRに行くつもりでしたが、公共交通機関を使う場合には前乗りが必須になってしまうので、経費節減のため諦めました。
野外撮影の場所は未定ですが、ドルパ会場の付近というのも具合が悪いので、少し離れた明石の舞子公園あたりに行ってみようかなと思っています。
明石あたりは、裏日本に島流しされていた時に、塩饅頭や明石焼きを食べに訪れたこともあって、せっかくの機会ということで久しぶりに行ってみたいですから。
ただ、朝4時起きになるので、疲れてそのまま帰ってしまう可能性も無きにしも非ずですが。
先は長いので、ゆっくりと検討するつもりです。


さて、今日からは岐阜県内をうろついて撮ってきた写真を紹介していきます。
長野へ遠征するときとは違って、あまりきちんと計画を立てていませんでしたが、ひとまずアジサイが見頃を迎えそうだということで、最初に関市の板取へ向かいました。
板取はアジサイが名物となっていて、道路沿いなんかに数多くのアジサイが植えられていますが、そんなところでドール撮影ができるわけもなく、落ち着いて撮影ができそうな21世紀の森公園に車を向けました。
公園に植えられたアジサイは咲き始めといった感じで、撮影しようと思えばできなくもなかったのですが、イマイチ気分がのらなかったので、人気のない公園の奥へ移動。
辿り着いた場所がこちら。

  21世紀の森公園入口

巨大株杉が自生している株杉の森の入口となります。
森の中はこんな感じ。

  21世紀の森公園内部

  21世紀の森にて7

写真に写っている奇妙な姿の杉が、株杉というものらしく、何度も伐採されることでできるもののようです。
なかなかに面白い姿ですが、少し不気味で、夜中の森で遭遇すると心臓に悪そうな感じです。
まあ、夜中に山の中を彷徨く度胸などないのですが。
登山道へとつながっていることもあって登山客が時折姿を見せましたが、それを除けば訪れる人は少なかったので、ひとまず撮影をすることにしました。
ということで、以下、適当に写真を貼っていきます。

  21世紀の森にて8

  21世紀の森にて9

  21世紀の森にて

  21世紀の森にて3

  21世紀の森にて6

  21世紀の森にて10

土が踏み固められないよう杉の周囲は柵で囲まれていましたが、屋久島のように観光客に踏み荒らされて杉が枯死するという事態を避けるためには、これもやむを得ない措置かと思います。
雨が降った翌日ということで、日の当たらない地面は結構濡れていて、倒れたら汚れるのが確実だったので、座らせて撮影することが多くなってしまいましたが、お陰で写真にあまり変化がつけられませんでした。
ポーズに幅があれば話は別だったかもしれませんが、どうしても似たようなポーズしか思い浮かばず、上手く変化をつけられませんでした。
ポーズは毎回課題として上がりますが、勉強不足に加え、センスも無いとあってなかなか上達しません。
やはり、色んな人の写真を見て、パクるというか真似して引き出しを増やしていく必要がありそうです。

この21世紀の森公園の株杉の森は、独特な雰囲気があり、撮影するのに悪くない場所でした。
霧が出た日であれば幻想的な写真が撮れそうな感じで、機会があればまた訪れてみたいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/858-961cff1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。