駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

松原湖 with Mafuyu 【2014.6.14】 

オビツからようやくミカヅキⅡがリリースされるようです。
記憶が確かなら、昨年の夏のワンフェスで初お披露目されたものだったはずで、実に1年が経過しようとしています。
さすがは悠久のオビツタイムですが、アゾンが怒涛の新作ラッシュを続けているので、自社オリジナル商品に手を付ける暇がなかったと好意的に解釈しておきます。
これでようやく、6号と7号のリリースも近くなってきた気がしますが、先日チラ見せのあった企画室Bの新ドールも控えていて、状況は混沌としています。
ミカヅキⅡの遅れっぷりからすると、来年の今ぐらいの時期に6号か企画室Bの新ドールのアナウンスがありそうな気がしますが、さすがにそこまで行くと待ちくたびれてしまいます。
なので、スルーする予定だったミカヅキⅡにかなり心がぐらついています。
ワンフェスでお披露目されたプロトタイプのものはイマイチしっくりときませんでしたが、製品として上がってきた写真を見ると、相変わらずセンスが良くまとまっていて、スーパーホワイティの肌と相まってかなり綺麗です。
主要各社のソフビドールを持っていますが、センスの良さでいえばやはりオビツが頭抜けている気がします。
まあ、他社は版権物やキャラ物がメインなので、比べるのが酷なのかもしれません。
ひとまず、受注予約は7月11日からのようなので、それまでゆっくり考えようかなとは思いますが、昨年の9月にゆりさをお迎えして以来、未だお預け中のミクを除いて一体も買っていないので、予約してしまいそうな気がします。
そうなると、当然のように三脚の購入も遠のくのですが、いつでも買える物なので先送りも止むなしです。



さて、今日も前回に引き続き八千穂高原遠征で撮ってきた写真を紹介していきます。
ひとまず、今回で八千穂高原遠征は終了です。
八千穂レイクを後に、最後の目的地に選んでいた駒出池キャンプ場へ向かいましたが、キャンプ場の管理人の手際が悪く駐車場代を払うだけで三十分近く待たされた挙げ句、肝心の駒出池がショボすぎて撮影できないという有様で、一気にテンションがダウン。
嫌になったのでこのまま帰ろうかとも思いましたが、それも勿体ない話だったので、気分を奮い立たせて少し遠かったですが松原湖へ車を向けました。
松原湖は冬になると全面結氷し、湖上でワカサギの穴釣りが楽しめたりしますが、既に春ということでこんな感じで緑が周囲を覆っていました。

  松原湖全景

日はまだ昇っていたもの既に黄昏時の雰囲気を醸し出しつつあったので、湖畔の遊歩道を歩きながら適当に撮影を開始。
以下、写真を貼っていきます。

  松原湖にて

  松原湖にて2

  松原湖にて3

  松原湖にて4

  松原湖にて5

  松原湖にて6

完全逆光となり、こういうときこそストロボを使わねばと頑張ってみましたが、逆光時に綺麗に写すというのも難しい話で、少し色味がおかしくなり、使える写真もかなり少なくなってしまいました。
理想でいえば、被写体と背景とが同じ露出で写ることなのですが、そのレベルに達するまではまだまだ道程は遠いようです。
そもそも、背景がアンダーになってしまう理由もよく分かっていないし。
それと、今回もレフ板とストロボの組み合わせで撮影しましたが、光源が安定しなかったのでなかなかに厳しかったです。
やはり、ライトスタンドをきちんと立て、ディフーザーなりアンブレラを使って光を柔らかくした上で、適切な角度から光を当てることが必要な感じです。
ただ、人が多い場所だと邪魔くさいことこの上なく、目立ちすぎたりもするので、スタンドライトを立てるのも色々と難しかったりはしますが。

今回訪れた松原湖ですが、シーズンオフの黄昏時ということで人が少なく、撮影は比較的しやすかったです。
ただ、湖の各所に神社やら祠が数多く設けられ、一種独特な雰囲気があって、個人的には撮影するのは少し厳しい場所でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/857-d3f6102c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。