駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

文殊の森公園(クヌギの広場) with Alter 【2014.6.1】 

先日頼んでいたフランス軍のメディカルボックスが着弾。
中古品のミリタリーアイテムということである程度覚悟はしていましたが、思いの外状態が悪く、外装が傷つきまくっていたので、テンションがだだ下がり。
安かったので外装の傷は止むなしと目を瞑りましたが、蓋を開けてみたらさらにテンションがダウン。
中はさすがに綺麗なものでしたが、開けた途端医薬品の残り香なのか異臭があたり一面に漂い、耐え難くなってそのまま屋外に放置。
安物買いの銭失いだったとようやく気づきましたが、今となっては後の祭りです。
匂いがとれるまで家の外に放置しておくつもりですが、週末の野外撮影の際には医薬品を持っていきたいので、なんとかそれまでに匂いが抜けてくれないかなと思ったりもしますが、微妙なところです。
とはいえ、せっかく買ったものを使わないまま放置するほど裕福な身ではないので、匂いが抜けなくても週末の野外撮影の時には傷薬なんかを詰めて持っていく予定なのですが。
多少傷んでもわからないような外観なので、トランクルームに放り込んだまま放置しても気に病むことがないのが唯一の救いですが、デットストックの新品を買った方がよかったような感じです。
やはり、身近で使う物にお金を惜しむと、碌なことにならないみたいです。

さて、今月の初めにササユリを愛でに本巣市にある文殊の森公園へと出かけたので、今日はそちらで撮ってきた写真を紹介していきます。
文殊の森公園の入口付近にあるクヌギの広場にササユリは植えられています。
入口がこちら。

  クヌギ広場入口

クヌギの広場は、オフシーズンの時には入口が施錠され中に入れないのですが、開花に合わせて開放されるみたいです。
園内はこんな感じ。

  園内

ササユリの数が少ない上に、柵で囲われ近づけないとあって、少し当てが外れましたが、人が誰もいなかったのでひとまず撮影を開始。
以下、適当に写真を貼っていきます。

  クヌギ広場にて2

  クヌギ広場にて3

  クヌギ広場にて4

  クヌギ広場にて5

  クヌギ広場にて6

  クヌギ広場にて7

柵の向こうにササユリが咲いているということもあり、撮り方がかなり制限されてしまい、背景として使う以外に選択肢はありませんでした。
なので、背景を賑やかにするため、ササユリが密集している場所を探しましたが、思い思い疎らに咲いているだけだったので、ひとまず姿のよいササユリを選びました。
標準ズームで撮影したので少し平板なものとなってしまいましたが、望遠で撮っておけばもう少し密集感がでてくれたかもしれません。
レンズ交換を忘れがちになってしまいますが、もうすぐ望遠レンズを買うので、このへんにも気をつけねばなりません。
それと、ここでもレフ板にストロボ光をバウンスさせて撮影してみましたが、暗めだったこともあって背景がアンダーになってしまいました。
被写体と背景の明るさを揃えたかったので、光量の調整方法なんかも憶えた方が良さそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/848-73cf00fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。