駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

大井潮干狩場 with Mafuyu 【2014.5.24】 

梅雨の晴れ間というか雨が降らなさそうだったので、今日も毎度のごとく野外撮影へ出かけました。
ただ、いつ雨が降るかわからない微妙な天気で、早起きして遠出しても無駄骨になる恐れがあったので、久しぶりに県内を回ってみることにしました。
川沿いのキャンプ場がオープンしたみたいだったので、以前撮影に失敗した付知峡にでも行こうかなとも思いましたが、少し遠い事に加え、先週の長野遠征の疲れが抜けていなかったので日和ってしまい近場でお茶を濁すことに。
が、結果的にみると結構な距離を走ることになり、付知峡へ行ったのとあまり変わらない感じでした。
まあ、行きたいと思っていたところについては全て回れたのでよかったのですが。
梅雨ということもあってムシムシとしていて、服を着こめばなんとかなった冬よりも撮影環境は厳しかったのですが、何よりもキツかったのがどこからともなく沸いて出てくる観光客。
あまりメジャーでなく人気の少なさそうな場所を見繕って撮影をしているのですが、暖かくなると観光客の活動も活発になるようで、どんな場所にでもやってきて、なかなかに撮影ができなかったりします。
一人ならともかく漏れなく家族連れやカップルが大半だし。
おかげで新しく買ったSMDVのソフトディフューザーを使う余地などなく、機動力を最優先にレフ板でのバウンスでしのがざるを得ませんでした。
野外撮影を楽しむために人が来ない場所を開拓せねばなりませんが、景色が綺麗な場所となれば多かれ少なかれ観光地化していて、観光客からは逃れようがなかったりするので、これからの季節は人がいない早朝に野外撮影を行うのがベストな感じです。
色々と撮影が大変になる時期ですが、木々が一番美しくなる時期なので、観光客を上手く躱しながら野外撮影を楽しもうかなと思います。


さて、今日も前回に引き続き知多半島遠征で撮ってきた写真の紹介となります。
今回で知多半島遠征で撮ってきた写真の紹介は最後です。
花ひろばを出た後、特に目的地があったわけでもなく、車を走らせ辿り着いたのがこちらの潮干狩場。

  大井潮干狩場

海で撮影したくて浜辺を探し回り、駐車場付のここが偶然目に留まりました。
今年はアサリが不漁らしく、潮干狩りもあまりできないようで、ここも休業していました。
撮影場所がこちら。

  潮干狩場ロケ地

本当は砂浜で撮影したかったのですが、思いの外汚く、生臭い匂いも立ちこめていて、とても撮影できるような状態ではなかったので断念しました。
ということで、以下、適当に貼っていきます。

  潮干狩場で

  潮干狩場で2

  潮干狩場で3

  潮干狩場で4

  潮干狩場で5

今回の服はドルショで買ったヴィジュアルドールの服なのですが、これが思いの外いただけず、どうしたものかと思いながらまふゆに着せたのですが、写真を見てもやはりいまいちな感じでした。
ソックスとインナーを縞柄で揃えたのも失敗した一因のような気がしないでもないです。
そもそも加齢臭漂うむさいオッサンに女の子の服のコーディネートを上手くしろというのが無理な話なのですが、ドールを綺麗に撮るには服装も大切なわけで、写真の勉強の他にこちら方面も勉強が必要な気がします。
ただ、こちらは完全にセンスの世界なので、勉強しても役立つかは微妙なところですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/843-9ed8224a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。