駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

観光農園花ひろばvol.2(ジキタリス) with Alter 【2014.5.24】 

充電式エボルタを持ち運ぶため電池ケースを調達することにしました。
今まではストロボとリングライトそれぞれに電池を入れていたのですが、ストロボでの消費が思いの外激しく、野外撮影の途中でリングライトの電池を取り出すことが多くなり、色々と手間がかかってしょうがなかったので、利便性を考えて電池ケースにしまっておくことにしたしだい。
現状ではリングライトを使うことは少ないので、使うときだけリングライトに電池を入れれば済むので問題はありません。
電池ケースを物色するため、田舎者の強い味方のアマゾンで試しに調べてみましたが、お洒落な物が少ない上に、本体よりも送料が高くつく有様だったので、地元で買うことにしました。
が、これが間違いで、ヤマダ電気にケーズデンキ、それとホームセンターを何軒かハシゴしましたが、どこにも置いていない有様。
無駄に時間がかかり些かうんざりしましたが、最後の望みをかけてセリアへ。
これが当たりで、12本収納と少し大きな物でしたが、無事に電池ケースを確保できました。
百均にしか置いていないというのも寂しい話ですが、田舎なだけあって電池ケースをわざわざ買おうと思う人も少ないと思われ、売っていただけよしとせねばなりません。
エボルタを使い切ったときの予備としてカメラバックに放り込んでいたアルカリ電池も収納でき、思いの外に良い買い物でしたが、デザインがイマイチなのが難です。
まあ、アマゾンで売られている電池ケースも似たり寄ったりな代物なので、これで十分なのですが。


さて、前回に引き続き花ひろばで撮った写真を紹介していきます。
金魚草での撮影を終え、次に向かったのがこちら。

  ジキタリス花壇

摘み取られまくっていましたが、ジキタリスが綺麗な花を咲かせていました。
ジキタリスは別名をキツネノテブクロというようで、今まで目にすることのなかった花ということもあり、少し新鮮だったので、こちらで撮影を行うことにしました。
ということで、以下、適当に写真を貼っていきます。

  ジキタリスと共に

  ジキタリスと共に3

  ジキタリスと共に2

  ジキタリスと共に4

  ジキタリスと共に5

  ジキタリスと共に6

銀レフで光を起こしたこともあり写り方が少し独特になってしまいましたが、顔が暗くなるよりはマシかなとは思います。
ただ、もう少し柔らかい光だと良かったのですが。
それと、写真を選別しているときに気づいたのですが、アイ稼働キットを装備していることもあってか、アイがずれたまま撮った写真が嫌になるほど多かったです。
というよりずれていない写真の方が少なく、ここに上げた写真も少し目つきが怪しくなっていて、少し微妙だったりします。
撮影しているときに気づかなかったのはあまりに迂闊でしたが、細かい所に気をつけないと良い写真が撮れないわけで、こういうところに写真が上手くならない理由が潜んでいる気がします。

今回で最後にする予定でしたが、ジキタリスと一緒に紹介するには少し違和感がある写真だったので、引き延ばす格好になりますが、次回も引き続き花ひろばで撮った写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/841-6f62b405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。