駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

戸隠森林植物園 with Kanna 【2014.4.26】 

この1年、色んなイベントでドール服を買い漁ってきたこともあり、今使っている衣装ケースからドール服が溢れかえりつつあったので、奮発して衣装ケースを新しく調達しました。
奮発したといいながら買ったのは三千円くらいの安物で、ドール服が一着買えるかどうかといった程度の代物だったりします。
ドール用品については財布が緩みっぱなしなせいもあってポンポンと買えるのですが、こと実用品となると財布の紐も固くなってしまい、数千円のものを買うだけでも結構躊躇ったりします。
この衣装ケースを買うのも無駄使いじゃないかと随分と悩みましたし。
元が安月給で慎ましく暮らさねばならない身なので、これが本来あるべき姿なのですが、ドールとなると見境がなくなり金銭感覚が狂ってしまうのでいただけません。
ある種の買い物依存というかストレス発散的なモノがあるような気がしないでもないですが、贅沢できるほど豊でもないので、もう少し自重が必要な気もします。
新しい衣装ケースを導入したことで、溢れかえっていた衣装も綺麗に収納できましたが、三段あるうちの二段が既に早くも埋まってしまったので、またすぐに服が溢れかえってしまいそうです。
とはいえ、緊縮財政とすべくしばらくイベントへの参加はお休みする予定なので、服もそれほど増えないと思われ、もうしばらくは持ちこたえられる気もします。
まあ、イベントを休むといいながら、欲望に負けて参加する可能性が大なので、油断なりませんが。



さて、今日も長野旅行で撮ってきた写真を紹介していきます。
ひとまず、今回で最後となります。
食事をとるためいったん市街地へと戻り、改めて北竜湖へと向かいましたが、野外撮影には向かない場所だったので早々に見切りをつけて野尻湖へ。
が、野尻湖も今ひとつな感じで、あまり気乗りがしなかったので、最後の望みをかけて戸隠森林植物園へと向かいました。
戸隠森林植物園の駐車場に着いたのは16時過ぎと少し遅めの時間で、観光客も帰り始めていて少し閑散としていましたが、日没までには余裕があったので、ひとまず入口へと向かいました。
戸隠森林植物園の入口がこちら。

  戸隠森林植物園入口

戸隠神社へと続く参道の手前に入口がありましたが、植物園へと続く道に向かう人はほとんどいませんでした。
公園内はこんな感じ。

  園内風景

公園の最深部付近となりますが、雪がまだ厚く残っていたりして、平地よりも春の訪れがかなり遅れていました。
時間もあまりなく、人もほとんどいないとあって、一つの場所に腰を据えることなく、園内を歩きながら目についた場所で撮影を行いました。
ということで、以下、適当に写真を貼っていきます。

  植物園にて

  植物園にて3

  植物園にて4

  植物園にて5

  植物園にて6

資産の有効活用ということで、ほとんど使うことなく仕舞っていたウィッグを引っ張り出し、カンナに被せてみましたが、思いの外似合っていました。
とはいえ、カンナを撮るのはやはり難しく、写真もイマイチなものしか撮れませんでしたが、しばらくはこのままにしておこうかなと思っています。
それと、この戸隠森林植物園には、幸いなことに水芭蕉が咲いていたので、春には撮りたいと思っていた水芭蕉と絡めた写真を撮るチャンスに恵まれましたが、少し離れた場所に咲いていることもあって上手く絡めさせることができず、予想通り残念な結果に終わりました。
まあ、何事も経験なので、文句はないのですが。

今回訪れた戸隠森林植物園は、ようやく春が訪れ始めた時期ということもあり、写真を撮るには少し殺風景なものでしたが、これからの季節は緑も綺麗になると思われ、それなりに野外撮影も楽しめる気がします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/823-f43f0b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。