駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

飯山城址公園(桜) with Alter 【2014.4.26】 

オビツの新作がなかなかリリースされず、少し待ちくたびれました。
ゆりさのキャンセル分は既に3月に発送を終えているようなので、新作をリリースしても無問題な気がしますが、週間アゾンの影響でオリジナル製品を作る余裕がないのかもしれません。
限定DDが外れた腹いせに勢いに任せ新作に突っ込む予定でしたが、この分だとそれも叶わぬ夢になりそうです。
思ったよりもアナウンスが伸びているので、6号と7号は年内にリリースはないのかなとも思ったりもしています。
そうなると気になってくるのが末永みらいドール。
ヘッドは正直あまり好みではないのですが、オートマチック版はボディがモーターで動くみたいなので、かなり魅力的です。
野外撮影に連れて行くのは大変そうですが、首の形状を見る限りDDと互換性というかヘッドをすげ替えることができそうなので、手持ちのDDのボディとして使えば撮影の幅が色々と広がる気がします。
気になるのが値段ですが、一世を風靡したAIBOが25万円前後だったことを考えると、20~30万ぐらいになるのかなと踏んでいます。
それぐらいの値段になると、新しいカメラを買った方が幸せになれるので、購入を見送ることになりますが、10万円ぐらいだったら手を出してしまうかもしれません。
オートマチック版は12月頃にリリースされるみたいなので、それを待ちたいと思いますが、その頃になるとさすがにオビツにも動きがありそうな気がしないでもないです。

さて、今回からは先日出かけた長野遠征で撮ってきた写真を紹介していきます。
今回の遠征では、遅咲きの桜を求めて、長野県の飯山市へと出かけました。
飯山市は長野県の最北部にあり、冬にはかなりの雪が降るみたいで、市内に建っている民家の玄関なんかは豪雪地帯仕様となっていました。
訪れた時は4月も終わりとあって、さすがに市街地に雪はありませんでしたが、遠くに見える山肌にはまだまだ雪が厚く残っていました。
飯山市を訪れて最初にむかったのが飯山城址公園です。
飯山城址公園の入口はこんな感じ。

  飯山城址公園入口

入口というと語弊がありますが、立派な門が置かれていて、城跡に来たという気分になります。
この門を潜って道なりに進んでいった先にあった広場がこちら。

  飯山城址公園園内

二の丸にあたるところに設けられていて、数多く植えられた桜はすでに見頃を迎え、綺麗に咲き誇っていました。
この広場で堂々と撮影する勇気はさすがになかったので、人気のなかった本丸の隅へと移動して、そこで撮影を開始。
以下、適当に貼っていきます。

  公園にて

  公園にて3

  公園にて4

  公園にて6

  公園にて5

  公園にて8

桜は美しく咲き誇ってましたが、いかんせんどの木も枝が高い位置にあったので、桜とドールとを直接絡ませることが難しく、背景として使うのがせいぜいでした。
自立に拘らずスタンドに立たせたうえで石垣の上に置き、足下を写さないように撮影すれば、今よりももう少し桜とドールとを綺麗に絡ませた写真になった気がします。
最初の撮影ということで柔軟さが出なかったせいかもしれませんが、このへんはもう少しなんとかした方がよいかもしれません。
それから、ここでもリングライトを使ってみましたが、豊郷小学校の時とは違ってほとんど効果がなく、結局レフ板で光を起こして対処する羽目になりました。
室内ではそれなりに使えても、日中の室外では圧倒的に光量不足のようです。
人気がないと思っていたものの、時間が経つにつれ本丸にもそこそこ人が姿を見せ始めたので、ひとまずこの場での撮影を終了して場所を移動しました。

ということで、次回も引き続き飯山城址公園で撮影してきた写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/819-bcd3bba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。