駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

大草城址公園vol.3 with Saber 【2014.4.12】 

予定通りドルパとドルショへ参加しました。
当初の予定ではドルショを先に回り、ドルパはその後でとしていましたが、諸般の事情によりドルパを先に回ることにして当日5時起き。
朝食を食べているときに少し強めの地震があり、真っ先に電車の遅延を心配しましたが、ダイヤの乱れも特段なくドルパ会場には6時30分過ぎに到着。
少し早かったかなと思いましたが、それでも既に100人以上並んでいて、ポジショニング的には少し出遅れた感じでした。
今回もいつも通り一般列に並んだのですが、毎度のごとく一般列は扱いが悪く、限定列とすみか列が館内待機だったにもかかわらず、一般列だけはイベントホール脇にある屋外の駐車場まで延々と歩かされ、小雨が降る中そこで待機となりました。
コミティアなんかが開催されていたのでやむを得ないかもしれませんが、同じ入場料を払ってこの扱いというのもボークスらしくいい加減業腹です。
開幕まで暇だったので、運試しに途中で列を抜け限定列に並んでみたのですが、東ホールからビッグサイト入口の陸橋までが長く伸び、クジを引くまでに30分近くかかる始末。
挙げ句、引いた番号が1500番代の糞番なので笑うより他ありませんでした。
ドルパで限定DDが手に入るかなという期待がなかったと言えば嘘になりますが、孤立無援のボッチ参戦に加え、引きの悪さは折り紙付きで、この結果は想定の範囲内だったので、そのまま一般列に戻ってシゲトークを聞くことなく入場。
お目当てだったディーラーの幾つかが欠席していたものの、欲しかった服や指輪なんかのアクセサリーが手に入ったので、11時30分頃に会場を脱出しゆりかもめでドルショ会場へ。
ドルショはさすがに前回よりも人が少なく、ディーラー卓も空席がかなり見られましたが、そのお陰でかなりまったりとしていて、諦めていたディーラーさんの服もラス1を無事確保に成功できました。
限定DDこそ手に入りませんでしたが、概ね当初の目的を果たせたので今回の遠征は成功と言えますが、順序が逆だったら失敗してた感じではあります。
今回手に入らなかった限定DD二体については、予定通りウェブで申し込む予定ですが、今回の行列の長さを考えると当たる気がまるでしないので、外れたらそのまま酸っぱい葡萄だったと諦めるつもりです。
ただ、秋葉原のヨドバシカメラでタムロンの150-600㎜レンズに触れたせいで、望遠レンズがいよいよ欲しくなってしまったので、限定DDが外れたらそのままそっちに資金を突っ込む予定です。
実際に600㎜の世界を体感してしまうと、サードパーティーでもいいので望遠レンズが欲しくなってしまいます。
今回の遠征で買ってきた服なんかは今後野外撮影で適当に使っていきますが、ひとまず年内の東京遠征はこれで打ち止めにして、大阪のドールズミスかドルパでお茶を濁そうかなと思っています。
東京でも大阪でも手に入る服はあまり変わりませんし、交通費なんかを考えると大阪へ行った方が安くすみますから。



さて、前回に引き続き大草城址公園で撮ってきた写真を紹介していきます。
少し引っ張ってしまいましたが、今回でひとまず最後です。
最初に公園の入口あたりから見えるアルプスの写真を紹介。

  アルプスと桜2

桜の花に埋もれてしまっていますが、画面の真ん中の下側に中央アルプスが写っています。
狭い場所での撮影というのも少し窮屈だったので、広い場所での撮影を目論見、こっそりと広場の片隅へと移動しました。
遠くにカメラマンの姿が見えましたが、こちらの方に近づいてくる気配がなかったので、大丈夫だと判断しひとまず撮影を開始。
以下、適当に貼っていきます。

  桜の木の下で2

  桜の木の下で4

  桜の木の下で5

  桜の木の下で7

  桜の木の下で8

調子に乗ってキャッキャウフフと撮影していたら、すぐ側までおばさんの集団が近づいてきて、ドールについてあれこれと尋ねられ冷や汗が出ました。
さらに、撮影している姿を写真に撮られたりもして、さすがにここでの撮影は不味いと判断し脱兎のごとく撤収。
撮影している姿についてはいちおう使って良いかどうか聞かれたので丁寧にお断りしましたが、危うく第二の神戸新聞になるところでした。
人がいる場所で撮影をするのはリスクが高いので、いつもは避けているのですが、いったん変なスイッチが入ってしまうと恥ずかしさが消えその辺を考えなくなってしまうので自重せねばなりません。

今回訪れた大草城址公園は、桜が密集して植えられていることもあって見応え十分で、さらにはアルプスも見えるとあって、写真撮影するのには良い場所でした。
野外撮影の場所として使うには、早朝からカメラマンが犇めいていたり、カップルや家族連れなんかがそこそこ訪れたりと、人が多く不向きですが、桜を愛でる分には遠くから訪れる価値があると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/812-17c0ef88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。