駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

富有柿の里vol.1 with Alice 【2014.4.5】 

リングレンズのため、充電式エボルタの急速充電器セットを近くの電気屋さんで購入。
アマゾン辺りで買ってもよかったのですが、宅配業者から受け取るのも面倒な話なので、久しぶりにリアル店舗で買うことにしました。
先日購入したリングレンズは、単三電池4本で動くので、コスパはそれほど悪くなかったりしますが、それでも単三電池は基本使い捨てなので、積み重なっていくと結構な額になったりします。
単三電池はだいたい12本入りが千円前後で売られているので、今日買ったエボルタで換算すると、12本入りを4セット買えばおつりがくる計算で、それを考えれば今日買ったエボルタもそれほど高くはありません。
何よりカメラで使っているリチウムバッテリー1個分にもならない額ですし。
とはいえ、前回の撮影で5時間ほど連続で使っていますが、今のところ電池がなくなる気配がないので、48本を使うためには何回撮影をこなせば良いか不明で、本当に無駄遣いでなかったのかと問われると微妙な感じではありますが。
それだけ使う前に安物のリングレンズが壊れる可能性も無きにしも非ずですし。
ただ、値段もさることながら、撮影日の前日の夜に電池が切れていることに気づいたときでも、充電式だと充電すれば済むのが良いところです。
今の時代、どこに行ってもたいていコンビニがあり、単三電池もたいてい売られているので、前日の夜に電池切れに気づいても、コンビニに寄ればあまり問題は無かったりしますが、割高な電池を買うというのは業腹なものなので、そういう面でも充電式にしておけば安心です。
エボルタの出番は今使っている電池が切れてからとなりますが、ひとまずこの一年は単三電池の心配をしなくても済みそうです。


さて、今日は本巣市にある富有柿の里で、散りかけの桜を撮ってきたので、そちらを紹介していきます。
富有柿の里は、道の駅に隣接している市の施設で、遊歩道なんかが整備されたそれなりに広い面積を有した自然公園となります。
道の駅にはツーリングに来たらしいロード乗りや観光客なんかがそれなりにいましたが、富有柿の里の中核施設である富有柿センターの周辺にはほとんど人がおらず閑散としていました。
センターの脇を抜け、船来山遊歩道の入口へ。
入口からの眺めがこちら。

  船来山遊歩道入口

散り始めということもあり、地面は桜の花びらで覆われていましたが、それでもまだそれなりに綺麗に咲き誇っていました。
お目当ての場所は桜が散りかけていて、少し撮影がしづらかったので、桜を求めて遊歩道を先へ進んでみました。

  船来山山頂

山頂はまだ先でしたが、桜はどこにもなく、もの悲しく神社がひっそりと佇んでいたので、これ以上先に進むのは諦めて元来た道を引き返すことに。
ただ、それでは骨折り損のくたびれもうけに終わってしまうので、途中で良さそうな場所があったので肩慣らしを兼ねて撮影を開始。
以下、適当に貼っていきます。

  船来山にて3

  船来山にて

  船来山にて4

  船来山にて5

  船来山にて6

まだ、初春ということで山に緑はなく、冬のそれと景色は変わりませんでしたが、日差しは強く春の訪れを感じさせるものでした。
今回、有珠のウィッグを変えてみましたが、以前使っていたものよりも短いこともあって、イメージが少し変わった気がしますが、これはこれでありかなとは思います。
ショートカットよりも本当は流れるような長髪が美しくて好きなのですが、野外撮影では整えるだけで時間がかかってしまい、風が吹いたら目が当てられないことになるので、やむを得ません。
それと、今回練習を兼ねてスタンドを使ってみましたが、意味不明なポーズはアレとして、ホットパンツでも上着があれば上手くごまかすことができるみたいで、良い発見でした。

これだけで帰るわけにもいかず、桜と一緒に撮影を行ったので、次回はそちらの写真を紹介していきます。  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/801-fc7efea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。