駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

宇賀渓(無名滝)vol.2 with Yurisa 【2014.3.2】 

ようやく仕事が一段落。
年度初めは仕事が忙しくなることは十分わかっていて覚悟をしていたのですが、連日連夜残業が続くとさすがに嫌になります。
歳をとったせいか、気力も体力も若い頃と比べるとめっきりと衰えてしまい、心身ともに弱くなっていますし。
幸いなことに平日頑張ったお陰で、土日はなんとか休めるようになったのですが、休日出勤となっていたら少し厳しかったのが正直なところです。
せっかく休みがとれたので、先週はアイドールと休日出勤とで野外撮影ができなかったこともあって、花見がてら野外撮影に行ってきました。
平日に満開となり見頃を迎えていた桜は、昨日の雨のせいもあって案の定というかなんというか散り始めてしまっていて、昨年ロケ地に選んだ場所も残念な感じになってしまっていました。
桜とドールとを絡ませようと思うと、ひっそりと咲いている場所を新たに探さねばなりませんが、一から探すのも面倒くさかったので、そのまま撮影を行いましたが、花との撮影が苦手なこともあって写真も残念な仕上がりのものとなってしまいました。
一週間のブランクのせいもありますが、やはり花は鬼門のようです。
とはいえ、逃げていては上手くならないので、ボチボチ頑張っていこうかとは思います。
明日は、行きそびれていた下呂の横谷峡にでもでかけようかなと思っていますが、予定は未定でどうなるかはわかりません。


さて、前回に引き続き宇賀渓の無名滝で撮ってきた写真を紹介していきます。
一週間ぶりなので、ひとまず無名滝を紹介しておきます。

  無名滝近景2

それなりに立派な滝で、近づかずかなくても、下流にある白竜吊橋から眺めることができたりします。
なので、撮影するには人目に触れやすいというリスクがあったりしますが、ここまで登ってくる人がそもそも少ないので無問題ではあります。
ということで、前回に引き続き、適当に写真を貼っていきます。

  無名滝をバックに

  無名滝にて16

  無名滝にて7

  無名滝にて15

  無名滝にて11

人が来ないとあって撮影に集中できましたが、人の視線を感じて振り返ることもしばしばで、ひょっとするとあんまり近づくべき場所ではなかったのかもしれません。
このへんのことは地元民でないので詳細は不明なのですが、人が来ない場所を求めて彷徨いているとあまりよろしくない場所へと迷い込む可能性も必然的に高くなりある意味で危険だったりします。
景色が綺麗だと思ったら自殺の名所だったということも無きにしも非ずですし。
まあ、気にしなければそれまでの話なのですが。

無名滝での撮影で粗方満足してしまいましたが、時間があまっていたのでついでに最後の滝へと足を伸ばしました。
次回はそちらで撮った写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/791-ae541a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。