駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

宇賀渓(御所滝) with Mafuyu 【2014.3.2】 

忙しさにかまけてアフターを失念してました。
仕事が終わったあと、慌ててWebを見てみたのですが、めぼしい商品はすっかりSOLD-OUT。
あまりに迂闊でしたが、欲しい服はなかったので、幸いなことに実害はありませんでした。
明日はアイドールが開催されるので、無駄遣いせずに済んだと思えばよいのですが、イリヤへの応募も忘れたりして、最近どうにもいただけません。
ドールへの興味が薄らぎ始めたのかもと思ったりしますが、野外撮影が心の支えになっている現状を考えると、まだまだドールへの愛は冷めていない感じです。
となると単純に老化しただけなのかもしれません。
寄る年波には勝てず最近めっきり記憶力が落ちてしまっているのも否定できませんし。
まあ、過ぎたことをあれこれと考えても詮無いので、明日のアイドールをミスらないようにしなければなりません。
今回から場所が変わって行きやすくなったのは幸いですが、会場となる吹上ホールの駐車場事情は最悪なようなので、どうしたものかと思案しています。
アイドールの帰りに大須へ寄っていこうと考えているので、電車で行くのが一番無難な感じですが、電車だと色々と乗り継ぎが面倒なので車も捨てがたかったりします。
明日起きてから考えようかと思いますが、駐車場を求めてうろうろするのも嫌なので、電車で落ち着きそうな気がします。


さて、前回に引き続き三重県いなべ市で撮ってきた写真を紹介していきます。
梅が咲き始めで見頃にはまだ早かった農業公園をあとにして、夏に一度訪れた宇賀渓へと向かいました。
農業公園での撮影がイマイチだったので、思う存分撮影しようということで一度訪れたことのある宇賀渓を目的地に選びました。
入口にあった看板をひとまず紹介。

  宇賀渓看板

こけしみたいな外観で少し面白かったので撮ってみました。
この奥にある受付で入山料を払いまずは御所滝へ。

  御所滝遠景

入口から徒歩10分ぐらいの場所に、河原を利用したキャンプ場が設けられているのですが、御所滝はその奥にあります。
夏ともなれば家族連れで賑わい、とても野外撮影ができるような状態ではないのですが、寒さ残る晩冬ということで人っ子一人いませんでした。
その御所滝がこちら。

  御所滝近景

キャンプ場にあるということで、水辺を含め周辺が少し汚れていていて、景色はイマイチでしたが、肩慣らしを兼ねて撮影を開始。
以下、適当に貼っていきます。

  御所滝にて

  御所滝にて2

  御所滝にて3

  御所滝にて4

  御所滝にて5

思うようにポーズが決まらず、あまり上手く撮れませんでしたが、いつもとは少しアングルを変えてみました。
アングルを変えると今まで気づかなかった表情を見ることができるので、今回みたいに色々と変化をつけていけば写真の幅も広がる気がしますが、少しアスペっぽい傾向があって、どうにも同じポーズで撮りがちになってしまうので、なかなかに難しいところです。
このへんも注意しながら撮影していくことが必要な感じですが、言うは易く行うは難しです。

次回も場所を変え引き続き宇賀渓で撮ってきた写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/789-180bdc2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。