駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

豊郷小学校旧校舎群(2階北廊下)vol.2 with Kanna 【2014.2.23】 

昨日、予定通り野外撮影へ行ってきました。
寝坊したせいで出発時間が1時間ほど遅れてしまい、行くのを止めようかとも思ったりしましたが、後悔するのは必定だったので、気力を奮い立たせて出発。
当初は美ヶ原か横谷峡を最初のロケ地に考えていましたが、寝坊に伴い予定を変更し、とりあえず一番近かった千人塚公園へ。
千人塚公園はネットでぐぐっていたときに見つけた場所で、南アルプスを写した湖面が綺麗だったので訪れることにしました。
気候が緩んできたとはいえさすがにまだ春には早く、冬枯れの寂しさが色濃く漂っていましたが、山頂に雪を抱いた南アルプスが綺麗で訪れて正解でした。
人がほとんどいなかったのも幸いして、幸先のよいスタートが切れました。
が、次に訪れた駒ヶ根高原が期待外れで、最初に訪れた大沼は福寿草こそ咲いていたものの人が多くてとても野外撮影などできず、代替地として目を付けていた駒ヶ池は水が抜かれている有様。
やむなく、来た道を引き返し、途中で見つけた与田切公園へ。
与田切公園は、与田切川の川辺に設けられていた親水公園で、シーズンオフということで人気もなく寂しいものでしたが、撮影するには申し分ない環境でした。
撮影が終了したのは2時過ぎと予定よりも時間がかかりましたが、美ヶ原へはギリギリで行けそうな感じだったので、最後の撮影のため美ヶ原へ。
が、これが失敗でした。
美ヶ原へ至る道路は、途中まで問題なく進めましたが、あと5キロまで迫ったところで凸凹のアイスバーンが姿を見せ、チェーンを巻いても容赦なく滑る有様。
無理すれば進めそうでしたが、対向車が来たら完全に事故りそうだったので、安全を最優先にして行くのを断念。
この時既に時刻は16時30分を過ぎ、夕暮れが間近に近づいていたので、野外撮影を止めようかと思いましたが、日がまだ出ていたので近くにあった白樺湖へ。
夕暮れ間近の到着だったこともあり、光も射さずかなり条件が厳しかったですが、なんとか白樺湖で撮影することに成功。
最初の寝坊がなければもう少しスケジュールに余裕ができた感じだったのでそれだけが心残りでしたが、全体としては楽しめたので無理して出かけた甲斐がありました。
撮ってきた写真については、後日改めて紹介していきます。


前回に続いて今回も豊郷小学校旧校舎群となります。
今日でひとまず豊郷小学校旧校舎群も最後です。
舞台は前回と同じ2階北廊下ですが、改めて紹介するとこんな感じ。

  2階北廊下その2

今回紹介する写真を考えると前回の写真を今回使った方がよかったような気がしますが後の祭りです
ということで、以下、適当に貼っていきます。

  光と影3

  光と影

  光と影5

  光と影6

  光と影8

そろそろ日暮れが近づきつつあったということもあり、光と影が面白い感じになっていたので、今回みたいな写真を撮ってみることにしました。
露出補正をマイナスにして影を見た目以上に濃くなるよう調整してみただけですが、風景を綺麗に撮るだけでなく、こういうのもたまに行う分には楽しめて悪くありません。
今回の反省点を上げれば、カンナの影をもう少し綺麗に写すべきだったことと、ポージングの種類が乏しいことでしょうか。
ポージングは毎度のことなのであれですが、できれば光を受けたカンナ本体との対比で、カンナの影を濃くはっきりと切り取れればなおよかった気がします。
まあ、見たものをありのまま綺麗に写すことを目指しているうえに、こういった感じの写真を撮るためのセンスが基本ないのでやむを得ませんが。
それと、この豊郷小学校旧校舎群での撮影でアイをアンバー系のものに変えましたが、今までのものよりもしっくりときて悪くなかったので、ひとまずこれで固定しようかなと思います。
もともとカンナのアイはグリーン系の暗いものだったので、同系統のアイとの親和性が高いのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/787-fce99e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。