駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

夜明けの森きらめきパーク(高峰湖) with Alice 【2014.2.16】 

雑事を済ませて午後から野外撮影に出かけました。
ウェーダーの性能を調べるため片知渓谷に行こうかと思っていましたが、天気が悪く雨がぱらついていたので、目的地を変えて四日市南部丘陵公園へ。
四日市南部丘陵公園は梅の見所で、園内に訳600本の梅があり、ネット情報だと今がちょうど見頃とのことだったので、先週訪れたいなべ市農業公園のリベンジのため訪れることにしました。
車を走らせ辿り着いた四日市南部丘陵公園では、確かに梅は見頃を迎えていましたが、いなべ市農業公園と比べると梅の数が圧倒的に少ないうえに、梅の木自体もかなり小さく、好みの紅梅も少ないとあって、少しがっかり。
それに加えて、小さな子どもを連れた家族連れや散歩する人が多く、野外撮影には厳しい環境でした。
とはいえ、せっかく出向いた場所で撮影もせず引き返すというのももったいない話なので、人目の付かない場所をなんとか見つけ撮影を敢行。
が、人目に付かないとはいえ、人がすぐ側を通ることもあったりしてなかなかに落ち着かず、集中力も途切れ気味。
さらに、花との絡ませ方がイマイチよくわからず、撮る写真はどれもこれも残念な有様で、撮影は散々なものでした。
本命は梅よりも桜なので、梅で上手く撮影できなくても問題ないのですが、梅も桜も大して撮り方が変わるわけではないことを考えると、桜での撮影も失敗しそうな気がしないでもないです。
桜が咲く時期までに、何とかして花との上手い絡み方を見つけないといけませんが、ただ花の中に置くぐらいしかアイデアが出ないので、先行きは暗いです。
まあ、上達するには試行錯誤していくしかしょうがないので、ぼちぼちと頑張っていこうかと思います。


さて、前回に引き続き今回も中津川小旅行で撮ってきた写真を紹介していきます。
竜神の滝を出発して向かったのは、夜明けの森きらめきパークにある高峰湖です。
当初は竜神の滝から1キロ強歩いた場所にある銅穴の滝へ行く予定でしたが、雪が思いの外深く、歩いていくのが大変そうだったので、日和って以前中津川へ出かけたとき訪れられなかった高峰湖に行くことにしました。
高峰湖は名前こそ湖ですが、女神湖や白樺湖と同じく農業ため池になります。
高峰湖の周囲には遊歩道が設けられていて、その入口はこんな感じです。

  高峰湖入口
  
やっつけ感が漂う看板ですが、ないよりはマシで、足跡に従って遊歩道を進みました。
歩いたすぐ先にあった高峰湖がこちら。

  高峰湖

人造湖ですが、雪のせいかそれなりに綺麗です。
雪が深く積もっていたせいなのか、誰一人来なかったので、遊歩道をメインんしいて撮影を敢行。
以下、適当に貼っていきます。

  高峰湖湖畔にて

  高峰湖湖畔にて2

  高峰湖湖畔にて3

  高峰湖湖畔にて4

  高峰湖湖畔にて5

  高峰湖湖畔にて7

  高峰湖湖畔にて8

今回の衣装は横谷峡四つの滝で着せていたのと同じものですが、一度着せただけで終わらせるのも勿体なかったので、今回の撮影でも使い回してみました。
撮影毎に別の衣装を着せるのが本当は理想的なのですが、そんなことをしていたら限られた資金がすぐに底をついてしまうので、ある程度の使い回しはやむを得ません。
ただ、同じ服を使い回すにしろ、コーディネートしだいでは違った風に見えるので、このへんのセンスも磨いていかねばと思います。
まあ、言うは易く行うは難しなのですが。

今回訪れた高峰湖は、ため池ということで水の透明度なんかはお察しなレベルですが、湖の周囲には遊歩道が設けられていて、こんれから緑が芽吹く季節にはそれなりに撮影しやすくなりそうな感じでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/778-32b5a6d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。