駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

美女高原vol.2 with Kanna 【2014.2.8】 

ドルパの参加について相変わらず思案中。
取り立てて気を惹くものがないのでスルーしてもよいのですが、ガイドブックを買った手前、不参加というのも勿体ない話で、それが引っかかっています。
何よりイベントレポでよさげなディーラーに気づくということほどがっかりすることはないですし。
3月末に名古屋でアイドールが開催されるので、その参加ディーラーがドルパ前に分かれば参加するかどうかの判断材料になるのですが、アイドールの公式HPを見ると難しそうな感じです。
ディーラー締切が2月28日ということを考えると、ディーラーリストが出るのは早くてもドルパの次の週ぐらいになりそうですから。
ドルパまで二週間をきり、いい加減腹を決めねばなりませんが、どうにもフラフラしてしまいます。
それもこれも貧乏が悪いのですが、学生時代ぬるぬると生きていたツケが来ているだけなので、やむを得ません。
行くにせよ行かないにせよ、時間が迫ってきたので決めねばなりませんが、現状だと不参加へ傾いているのが実情です。
お金のことは別にして、早起きして出かけなければならないのが、やはり億劫です。
早起きが嫌なら前泊するというのも手ですが、高速を使えば二時間もあれば着く京都に、わざわざ泊まりがけで行く気にもなりません。
まあ、気が変わって参加に転ぶ可能性も大ですが。


さて、前回に引き続き美女高原で撮ってきた写真を紹介します。
美女高原のメインスポットは、美女ヶ池になりますが、訪れた時はこんな感じでした。

  美女ヶ池

露出補正に失敗してたりしますが、池には雪が降り積もり、全面真っ白となっていました。
全面凍結していたような感じでしたが、雪が深すぎて湖面に辿り着けなかったので、真偽は不明です。
前置きが長くなりましたが、以下、適当に写真を貼っていきます。

  美女高原にてその5
  
  美女高原にてその6

  美女高原にて10

  美女高原にてその7

  美女高原にて12

立ちポーズがイマイチ決まりませんが、このへんは撮り方しだいのような気がします。
ただ、カンナはゆりさやまふゆと違って、スタイルが良いというか首が長く、真正面から撮影するとどうしてもバランスが悪く見えるので、顎を引いて少し俯瞰気味に撮ることが必要な気がします。
ただ、そういった風に撮ったことがなく、本当に綺麗に撮れるか分からないので、次回撮影するときにでも試してみようかなと思います。

今回訪れた美女高原は、美女ヶ池を取り囲むように遊歩道が設けられていたりして、緑の綺麗な初春から夏の間に訪れるのが良さそうな感じです。
雪に沈む姿も悪くないのですが、撮影するには少し環境が厳しいです。
今回はロケハンが目的だったので、水芭蕉の咲く季節に改めて訪れてみようかなと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/771-9d6a827a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。