駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

美女高原vol.1 with Kanna 【2014.2.8】 

乙女渓谷での冬山登山が祟ったのか、未だに右足と右肩に傷みが残ってます。
日曜日に豊郷小学校で野外撮影をせず、家で大人しくしておくべきでしたが、今さらな話ではあります。
傷みがしつこく残っているのも、歳をとって回復力が落ちたせいなのですが、たすき掛けでドール、カメラ、三脚を担いだのがやはりよくなかったようです。
重量を考えると何気に5キロ以上あるので、そんな重い荷物を片方の肩だけで支えたまま何時間も歩いていれば、日頃運動していない体が痛むのも当然と言えば当然です。
急傾斜の坂道を上り下りして、足や肩にはかなりの負担がかかっていましたし。
ガタが来た体を酷使するのもいけないので、今週末の野外撮影は、あまり体に負担のかからない場所にしようかなと思っています。
時期的には梅が咲く頃なので、いなべ市の農業公園にでもロケハンを兼ねて足を伸ばそうかなとも考えていますが、寒さで梅の開花が遅れているようで、訪れるのには少し時期が早いような気がしないでもないので、どうするのかは流動的です。
何よりまだ週の始めですし。
ただ、これからの季節、梅に始まり、桜も咲き始めるので、季節の花との撮影についても少し考えていかなければなりません。
センスが無い上に、ポージングの引き出しが少ないこともあり、花を絡めての撮影は基本的に苦手で、これまでなるべく近づかないようにしていましたが、写真の幅を広げるためにも今年はきちんと勉強しなければならない気がしています。
何というか最近マンネリ感が漂っていて、そろそろ現状打破が必要な感じでもありますし。
まあ、嫌になって逃げ出す可能性も無きにしも非ずですが。


さて、前回に引き続き飛騨旅行で撮ってきた写真を紹介していきます。
四つの滝を後にして、次に向かったのは高山にある美女高原です。
本当は乙女渓谷を目指す予定でしたが、四つの滝と同じく雪に行く手を阻まれそうな感じだったので、急遽目的地を変更することにしたしだい。
美女高原は、春先には水芭蕉が咲き誇るらしく、一度は訪れてみたいと思っていた場所なのですが、冬景色の写真がググっても見つからず、どんな感じなのか少し気になっていたので、今回ロケハンを兼ねて訪問することにしました。
が、さすがは雪国の高山で、美女高原へ続く坂道は、除雪がされていたものの四つの滝の林道よりも状況は酷く、一度は引き返そうと思ったぐらいの有様でした。
無理して車を走らせ辿り着いた美女高原はこんな感じ。

  美女ヶ池看板

四つの滝に積もった雪が可愛く見えるほどの積雪量で、優に60センチ以上降り積もり、雪は一向に止む気配がありませんでした。
野晒しで撮影できる状況ではなく、どうしようかと少し困りましたが、おあつらえ向きの撮影場所があったので、ひとまずそちらで撮影を行うことにしました。
撮影場所がこちら。

  美女高原撮影場所

展望デッキですが、雪よけ代わりにはちょうど良い物でした。
以下、この展望デッキで撮影した写真を適当に貼っていきます。

  美女高原にて

  美女高原にて2

  美女高原にて13

  美女高原にてその8

  美女高原にて15

  美女高原にて14

カンナに似合う服がなかなか見つからなかったので、今回はドルショで仕入れた服を着せ、少しボーイッシュな格好にしてみました。
風が吹いても整えやすいという理由で、ショートカットのウィッグにしているのですが、今回の服装にはよく似合っているような気がします。
まあ、自分でコーディネートしたので、そう見えるだけかもしれませんが。

美女高原で撮った写真はまだあるので、引き延ばし工作も兼ねて、次回も美女高原で撮ってきた写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/770-f59545f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。