駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

女神湖vol.1 with Yurisa 【2014.1.25】 

昨日終業間際に急な仕事が降ってきたせいで、野外撮影を中止して休日出勤する羽目に。
本当は先日行けなかった乙女渓谷に行く予定で、アイゼンまで準備していたので残念無念ですが、ドールライフを満喫するためにはお金を稼がないといけないのでやむを得ません。
フィギュアを収集していたときもお金がかかるなと思っていましたが、ドールはそれに輪をかけてお金がかかり、なかなかに大変ですから。
服をあまり買わず、野外撮影も手近な場所にすれば、お金もかからず安上がりで済むのですが、せっかく着せ替えができ、車を走らせれば綺麗な景色を見ることができるというのに、それをしないというのはやはりつまらないですから。
今日行くことのできなかった乙女渓谷は、週末に回すことにしましたが、天気予報を見ると曇りマークとなっていて、野外撮影ができるかどうか微妙な感じです。
これから気温は上がり始めるので、野外撮影の時期を先延ばしにするほど、乙女渓谷の最奥にある夫婦滝の氷も徐々に溶けていくと思われ、時機を逸したかなと思わないでもないです。
例年では2月中は夫婦滝も凍っているようなので、まだ希望はあると思いますが、今年は例年よりも暖かくあまり雪が降っていないので少し心配ではあります。
野外撮影に目覚めてからというものインドア派からすっかりアウトドア派になってしまいましたが、寄る年波には勝てず、翌日からしばらく筋肉痛に見舞われるのが少し厄介だったりします。
まあ、楽しいので文句はないのですが。

さて、前回に引き続き長野旅行で撮ってきた写真を紹介していきます。
美ヶ原高原を降り、麓の和田宿ステーション食堂で食事を済ませた後、白樺湖へ向けて出発しましたが、到着した白樺湖にはそれなりに観光客がいて、野外撮影はできそうにもなかったので、次に行く予定だった女神湖へ車を向けました。
女神湖は白樺湖と同じく農業用ため池とのことで、造られたのも昭和41年とつい最近のようですが、それらしい名前のせいかため池には見えませんでした。
女神湖センターの側で氷上イベントが開催されていたこともあって人が多く、白樺湖と同様に野外撮影ができるような状況にはありませんでしたが、湖を周回する道路を走ってみると、反対側の湖岸には誰一人いなかったので、スノーシューを履いて湖岸へ。
撮影場所はこんな感じ。

  女神湖ロケ地

足跡が続いている場所は桟橋となりますが、湖面は全面結氷していて、一面白い雪で覆われていました。
この桟橋の近辺でひとまず撮影を開始。
以下、適当に貼っていきます。

  女神湖にて

  女神湖にて3

  女神湖にて4

  女神湖にて6

  女神湖にて7

撮影中は気づきませんでしたが、服に水で濡れた跡がついてしまっていました。
気づいたところで着替えはなかったのでどうしようもないのですが、野外撮影では高確率で服が汚れてしまうので、少し厳しかったりします。
それと、この女神湖では撮影中強い風が吹くことが多く、地味に厳しかったです。
自然はコントロールできないので、臨機応変に対応するしかないのですが、あまりに風が強かったりすると心が折れ、撮影意欲が減衰するので厄介です。

女神湖で撮った写真がもう少しあるので、次回も引き続き女神湖で撮ってきた写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/763-a9b0bc57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。