駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

瓜割の滝(名水公園) with Mafuyu 

大雪の中、野外撮影へ行ってきました。
記録的な大雪になるという話だったので、雪が酷かったら出かけるのを止めて、ボークスの2月ドレス発表会へ参戦しようかと思っていましたが、家の周りに積もった雪の量がたいしたことがなかったので、そのまま出発することにしたしだい。
最初に向かったのは下呂市の横谷峡四つの滝です。
雪がないとの予想で先週行くのを取り止めた場所ですが、この大雪でさすがに雪が積もっているだろうと判断してのことでしたが、予想は的中し入口にある白滝は見事に雪景色へと変わっていて、なかなかに美しい眺めになっていました。
ただ、雪は止むことなく降り続き、撮影にはいかにも不向きな状態でした。
使っているのはEOS50Dとロートルで、防水機能などあるわけもなく、雪が降る中での撮影はあまりよくないのですが、引き返すわけにもいかずひとまず撮影を開始。
雪がカメラやドールに降り積もっていき、それに気をとられ撮影はイマイチでしたが、とりあえず一時間ほど撮影して白滝を終了。
予定では四つの滝全てを回るつもりでしたが、二見滝へ行く途中で車がスタックしかけたので、やむなく断念。
次の目的地は中津川市にある乙女渓谷でしたが、横谷峡と同じく道路は除雪されていないものと思われ、同じ事態に陥ることが予想されたので、目的地を高山市の美女高原へ変更。
美女高原へ至る道路も雪が降り積もり、大概酷かったですが、いちおう除雪がされていたのでなんとか到着。
が、こちらは横谷峡よりも雪が深く、メインの美女ヶ池も雪に覆われ姿が見えずじまい。
雪の降りも激しく、撮影ができる状況ではなかったので、展望デッキの下でなんとか撮影を敢行。
ここでタイムアウトとなり、先週と同じくノルマを達成できずに終了することとなりました。
雪さえ降らなければもっと楽しめたと思いますが、大雪の中出かけたのが悪いわけでやむを得ません。
ただ、美女高原は思っていたよりもよさそうな場所だったので、それがわかっただけでもよかったです。
今日撮ってきた写真は、また後日紹介していきます。



さて、今日は瓜割の滝で撮ってきた写真を紹介していきます。
瓜割の滝は福井県若狭町にある滝で、名水百選にも選ばれ、かつては修験道の修行地だった場所とのことです。
以前、仕事の関係で鳥取に住んでいたとき、よくこの前の道を通っていて、前から少し気になっていた場所だったので、訪れてみることにしました。
訪れた日は生憎の雪空で、訪れる人も少なく、雪は除雪されることなく降り積もっていました。
瓜割の滝はこんな感じ。

  瓜割の滝

避暑地にある綺麗な滝といったイメージをもっていましたが、実物は完全な神域となっていて、鳥居まで建っていました。
さすがにここで撮影するのは気が引けたので、いったん道を戻って名水公園へ。
名水公園がこちら。

  名水公園

雪に覆われ誰一人いませんでしたが、かえって好都合だったので、ここで撮影することにしました。
以下、適当に貼っていきます。

  名水公園にて3

  名水公園にて

  名水公園にて4

  名水公園にて6

  名水公園にて5

アイをボークス製アニメティックアイるりからHISYO-HISYOさんのヤンデレブルーへと変えてみましたが、これが驚くほどマッチしてくれました。
まふゆは、メイクのせいかどこか病んでる雰囲気を漂わせていたので、ヤンデレ属性がビンゴだったのかもしれません。
今回の撮影場所の名水公園は、なかなかに悪くなかったのですが、いかんせん天候が悪くて撮影は難航しました。
きちんとした撮影をしようと思うと、やはりそれなりに天候も大切になってくるようです。
この名水公園は、あじさいが数多く植えられているようなので、あじさいの時期に改めて訪れてみたいところですが、あじさいが咲く頃は人が多くて撮影は難しいかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/760-8d7b9b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。