駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

豊公園 with Yurisa 【2014.1.3】 

予定を変更して郡上市の石徹白へ行ってきました。
最初、下呂市を予定していましたが、積雪状況がイマイチ把握できなかったので、雪が積もっていることが間違いない石徹白を選択してみました。
石徹白はあまり聞かない地名かと思いますが、郡上市の外れ、阿弥陀ヶ滝のさらに奥にあり、スキー場を有する豪雪地帯です。
石徹白を訪れるのは初めてということもあり、野外撮影スポットがなかったことを考えて、まずは再訪となる阿弥陀ヶ滝へ立ち寄りました。
事前情報では積雪が酷いということを聞いていましたが、確かに阿弥陀ヶ滝へ続く道路には除雪されないまま1mぐらい雪が積もっていて、車で近づくことは無理でした。
なので、少し離れた場所に車を停め、スノーシューを装着して阿弥陀ヶ滝を目指して出発。
普通に歩くだけでもそれなりに時間がかかりますが、スノーシューを履いていると機動力が格段に落ちるので、倍以上の三十分かかってようやく阿弥陀ヶ滝へ到着。
滝まで続く遊歩道は、冬でもそれなりの人が往来しているようで、圧雪状態になっていて、防寒ブーツや長靴でも行けないこともない感じでしたが、場所を外すと膝まで余裕で埋まり、所々凍っていてかなり滑りやすいので、少し危険な気がします。
阿弥陀ヶ滝はさすがに全面凍結はしていませんでしたが、壁面には巨大なつららが形成され荘厳な雰囲気が漂い、苦労して訪れた甲斐がありました。
阿弥陀ヶ滝で2時間ほど撮影した後、本来の目的地の石徹白へ。
予定では最初に石徹白の大杉に向かい、その後で石徹白の城山跡に行く予定でしたが、大杉までの道が積雪が酷く通れなかったので大杉は断念。
城山跡の場所も迂闊に調べ忘れていたので、やむなく道中にあった白山中居神社の側の河原というか雪原でなんとか撮影を実施。
それ以降はノープランとなってしまい、お腹も空き、やる気も失せてしまったので、予定より一時間ほど早かったですが撤収することにしました。
本当はもう1箇所ぐらい撮影できたのですが、一から探す気力が沸きませんでした。
今日撮ってきた写真は後日紹介していきますが、ノルマが達成できなかったので、明日にもう一度どこかに撮影に行かなければならない感じです。


さて、今日は、三が日の最終日に訪れた琵琶湖岸にある豊公園で撮ってきた写真を紹介していきます。
豊公園はグーグルマップでロケ地を探していたときに見つけた場所で、行く当ても特になかったので暇つぶしがてら訪れることにしました。
公園の入口がこちら。

  豊公園入口

いたって普通というか、どこにでもありそうな感じの公園で、地元の人が散策なんかをするための憩いの場といった感じでした。
三が日ということもあり、人出はそんなにありませんでしたが、そうは言ってもそれなりに人がいて、公園内での撮影は無理っぽかったので、最初の目論見通り琵琶湖岸へ。
撮影場所はこんな感じ。

  湖岸

すぐ側に遊歩道的な道があり、ランニングをする人たちもいましたが、遠目ではわからないだろうということで撮影を開始。
以下、適当に貼っていきます。

  湖岸にて

  湖岸にて4

  湖岸にて2

  湖岸にて3

  湖岸にて5

全体的にがっかりな感じの写真が多く、なんというか残念な感じでした。
元旦から連チャンで撮影していたので、その疲れが出てしまったことも否定できませんが、いつもと何が違うのかと言われれば答えに窮したりします。
まあ、感性駆動で、何も考えずにキャッキャウフフと撮っているだけなので、良い状態を意図的に作り出すことができないのでやむを得ません。
ただ、この日は足を滑らせて湖に落ちていたりして、注意力散漫だったことは間違いなく、写真もそれに引っ張られたと思いたいところです。

この豊公園は、琵琶湖岸での撮影がしやすい場所かと思いますが、いかんせん人がそれなりにいるので、落ち着いて撮影しようと思うと少し難しいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/755-6dcf4396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。