駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

東谷山散策路 with Alice 【2013.12.31】 

昨日、長野へ野外撮影に行ってきました。
美ヶ原の険しい雪道に備え、チェーンに雪かきスコップ、それから雪道脱出スグラを用意して臨みましたが、それまで天候がよい日が続いたためなのか、美ヶ原へ続く道路の雪はほとんど溶けていて、スタッドレスで十分な感じにまでなっていました。
慣れない道ということで、念のためチェーンを付けましたが、スタッグすることなく山頂へ到着。
こんなことなら、スタッドレスだけでよかったなと若干後悔しましたが、登り道では横滑り防止ランプが点灯しっぱなしだったので、チェーンを付けていてよかったのかもしれません。
安心はお金では買えないものですし。
いつものごとく天気予報は外れ、苦労して辿り着いた美ヶ原は生憎の曇り空で、テンションも漏れなく下がりましたが、急遽用意した安物のスノーシューを使ってなんとか撮影を敢行。
遊歩道的な場所はスノーシューがなくても大丈夫そうでしたが、それ以外の場所はスノーシューがないと足を踏み入れることができないほど雪深く大活躍してくれました。
このスノーシューは、他の撮影地でも活躍し、安物買いの銭失いにならずにすみ、これからの撮影でも十分役立ってくれそうな感じです。
美ヶ原を出て次に向かったのは白樺湖でしたが、観光地化が進みすぎて野外撮影ができる場所がなかったので、早々に諦め女神湖へ。
女神湖では折り悪く氷上ドライブのイベントが開催されていて、こちらも野外撮影ができるような環境ではありませんでしたが、幸いなことに女神湖センターの反対側の湖岸には誰もいなかったので、そちらに向かい全面結氷した湖面で何とか撮影に成功。
美ヶ原に辿り着くまで思いの外時間をとられてしまったので、残り時間が少なくなっていましたが、ノルマを達成するため少し無理して霧ヶ峰高原の八島ヶ原湿原へ移動。
八島ヶ原湿原に辿り着いたのは夕方の4時30分頃でしたが、冬季閉鎖区間に隣接した奥地ということで人っ子一人おらず、日も沈む寸前でしたが、撮影を手早く行い日没と同じぐらいのタイミングでなんとか撮影を終了。
今回の撮影旅行は、欲を出したせいで少し駆け足になってしまいましたが、美ヶ原までの道程が大体理解できたので、次回は美ヶ原で腰を据えて撮影をしてみたいところです。
昨日撮ってきた写真については、後日改めて紹介していきます。


さて、今日は、昨年の一番最後、大晦日に実家に帰るついでに立ち寄った東谷山遊歩道で撮ってきた写真を紹介していきます。
東谷山散策路は、名古屋市守山区にある東谷山フルーツパークに隣接した遊歩道です。
フルーツパークで野外撮影をする予定でしたが、大晦日ということで当然のように閉まっていたので、ふと目についたこの散策路で野外撮影を行うことにしました。
散策路の入口がこちら。

  東谷山散策路入口

看板が出ていたので気づきましたが、これがないと正直わかりません。
散策路はこんな感じ。

  東谷山散策路景色

散策路というより獣道といった感じですが、階段なんかはきちんと整備されていました。
人があまり来なさそうだったので、この散策路で撮影を敢行。
以下、適当に貼っていきます。

  散策路にて

  散策路にて2

  散策路にて3

  散策路にて5

  散策路にて6

今まで赤みが強い光を嫌って、夕方には撮影をしていませんでしたが、撮影してみるとこれはこれでなかなかに面白かったです。
森の中なので良い感じにフィルターがかかったのかもしれませんが、光が柔らかくあたり写真もいつもとは違った感じになってくれました。
まだ十分撮影できる時間帯に撮影しないというのも勿体ない話なので、この撮影以降、夕方にも撮影することにしました。
やはり何事も経験が大事です。

今回訪れた東谷山散策路は、訪れた時期が時期だけに人はほとんど歩いていませんでしたが、山の中にかかわらず古墳が二個もあるなど個性的な遊歩道で、景色もそれなりによいものでした。
フルーツパークが隣接していることに加え、終点には神社があるとあって、訪れる人もそこそこいそうな感じですが、自然の中での撮影ということを考えるとお手軽な場所なので悪くないと思います。
まあ、高低差が結構あるので、歩くのは結構大変ですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/751-59aecedb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。