駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

赤城山小沼 vol.1 with Saber 【2013.12.30】 

スポーツデポでスノーブーツを調達。
昨日アルペンで見かけた商品で、同系列のお店で値段も同じだったこともあり、アルペンに行くのも面倒だったのでこちらで購入しました。
当初は5千円ぐらいのものを買う予定でしたが、安物買いの銭失いになりそうだったので、少しグレードを上げて7千円ぐらいのものを買いました。
奮発して1万オーバーとするのも手でしたが、それほど頻繁に使いそうにもなかったので、費用対効果を考えて妥協。
月に数回しか使わないと思われ、無駄に高い物を買っても宝の持ち腐れになるのは明白ですから。
昨日のトレッキングシューズと合わせて足下の装備はこれで問題なくなりましたが、赤城山の雪道で滑りまくった経験から、車の足回りを固めるべく、ついでにチェーンも購入することにしました。
スタッドレスを履いているので、雪道は基本大丈夫なのですが、アイスバーンになっているとスタッドレスでも余裕で滑るので、チェーンを持っているのに越したことはありません。
チェーンは、大まかに金属製と非金属製のものとに分かれるようですが、装着しやすさを第一にして、非金属製のチェーンにしました。
安物では少し怖かったので、それなりの値段がしますが、人気があるらしいカーメイトのバイアスロンクイックイージーを選択。
届くのが金曜日ということなので、土曜日の飛騨遠征には間に合うような感じですが、事前装着作業ができないのが少し難です。
ぶっつけ本番での装着というのも手間取るものなので。


さて、今日も引き続き長野旅行の写真を紹介していきます。
大沼での撮影をそこそこで切り上げ、本来の目的地である小沼へ向け出発。
小沼は、以前訪れた際、少し怖い雰囲気が漂っていて、あまり良い印象がなかったのですが、その印象が強く心に刻み込まれていたせいか、野外撮影を始めてからずっと気になっていたので、今回怖い物見たさで再訪することにしました。
小沼は大沼から車で十分ほどの所にありますが、大沼よりも標高が高く、周囲に何も無いとあって、小沼に辿り着いた時には誰もいませんでした。
小沼の入口はこんな感じ。

  小沼入口

入口の看板が景観を損ねていますが、大沼よりも神秘的な雰囲気が漂い別世界に来た感じです。
その昔、小沼には生け贄が捧げられていたらしいので、神秘的な雰囲気も宜なるかなといったところです。
入口から湖畔へと降り、そこで撮影を開始。
以下、写真を適当に貼っていきます。

  小沼湖畔にて6

  小沼湖畔にて3

  小沼湖畔にて5

  小沼湖畔にて2

  小沼湖畔にて

今回はスタンドを上手く使うことを主眼としていたので、立ちポーズの撮影では全てスタンドを使っています。
台座が綺麗に隠せるのであれば、自立に拘らずスタンドを使った方が色々と楽だということがわかりましたが、支柱を隠すようなポージングにしないといけないのがネックな感じです。
いっそうのこと、開き直ってスタンド全開で撮影するというのも手ですが、スタンドが見えるとどんなに綺麗な写真でも萎えてしまうので個人的にはなしです。

景色が綺麗な場所だったので撮影も捗り、撮影枚数も増えたので、次回も引き続き小沼で撮った写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/749-874c9b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。