駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

大王わさび農場 with Kanna 【2013.12.29】 

前々から少し太ったかなと思ってましたが、同時期に二人から太ったんじゃないかと言われ、真偽を確かめるため今日勇気を振り絞って体重を量ってみたのですが、自分でもびっくりするくらいぶくぶくと太ってました。
昨年の今頃は色々なことがあったせいもあってマックスに痩せていて57キロしかありませんでしたが、計ってみると70キロにも達している始末。
実に13キロも増えたわけで、単純計算すると一月に一キロずつ増えていった計算です。
昼休みには毎日2キロ程度歩き、土日には野外撮影で体を酷使しているので不思議な話ですが、毎晩本能のおもむくままにお菓子を貪り食っていることを鑑みると、ある意味で当然の帰結ではあります。
これだけ増量すればそりゃ太って見えるよねというわけで、とりあえずダイエットをしようかと検討中。
既に中年の域に達し、このまま放っておくと際限なく脂肪がつき大変なことになってしまうので、今が良いタイミングかもしれません。
何だかんだいっても肥満というのは、自制心のなさからくるだらしなさの結果であり、あんまり好ましいことではありませんから。
ドールに散財してしまったのもこの自制心のなさのせいだと考えると、太ったのも色んな意味で納得できるので、自制心を回復させるためにも早急に是正が必要な感じです。
とはいえ、ダイエットといっても無理な運動をしても長続きしないので、ひとまずは食事制限かなと思います。
太るのは消費カロリーと摂取カロリーのアンバランスの結果引き起こされるものなので、入る量を制限すればある程度は絞れるはずですから。
1年かけて太ったので1年かけて痩せようかと思いますが、ストレス発散のためにお菓子を貪り食っていた側面も否定できないので、道のりは険しい気がします。
まあ、ドールを愛でればストレス発散できるので、問題ないかもしれませんが。


さて、今日も長野旅行で撮ってきた写真の紹介となります。
国営アルプスあづみの公園を発ち、次に向かった先は大王わさび農場です。
ここは観光農園というか、わさびのテーマパークというか、わさびを売りにした観光スポットで、HPではなかなかによさげな場所に見えたので、観光を兼ねて訪れることにしました。
あづみの公園から20分ぐらい車を走らせた先に大王わさび農場はありました。
入口はこんな感じ。

  大王わさび農場入口

この建物は、お土産売り場というか売店となっていて、わさび関連商品がたくさん売られています。
中にあるわさび園はこちら。

  わさび園

普段目にすることのないものだけあって、なかなかに物珍しい感じです。
観光客をターゲットにしているだけあってさすがに人が多く、野外撮影はかなり困難でしたが、なんとか撮影を敢行。
以下、適当に貼っていきます。

  わさび園にて

  わさび園にて2

  わさび園にて5

  わさび園にて6

人目を気にしながらのゲリラ撮影だったため、落ち着いてポーズも決められず、野外撮影の初期に戻ってしまった感じとなってしまいました。
まあ、今の写真とどう違うのといわれれば、答えに窮してしまいますが。
撮影環境が悪かったこともありますが、カンナを撮るのはやはり難しいです。
カンナは美人な顔立ちで、他のドールと比べても見劣りはしないのですが、個性が強いせいなのか、魅力を十分に引き出せません。
モデルによって腕が変わるわけがないので、単純に技術不足なせいなのですが、カンナを綺麗に撮ってあげたいです。

この大王わさび農場は、さすがに観光施設ということで、野菜撮影には全く不向きな場所でした。
それなりに綺麗な場所もあるので、野外撮影の舞台としてみれば悪くないのですが、いかんせん観光客が多くて、落ち着いて写真撮影ができません。
観光スポットとして楽しむに留めるのが良い気がします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/744-9ca6b4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。