駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

湯ノ古公園vol.1 with Mafuyu 【2013.12.23】 

東京での時間の潰し方をつらつらと考えてみましたが、やりたいことも行きたい場所も特になく、日程を組むのに難航しました。
ドールと併行してサバゲを嗜んでいるので、都内各所のサバゲショップを巡って時間を潰すという選択肢もあったのですが、今回はドルショがメインということで、ひとまず却下。
サバゲもドールと同じく、たいがいお金がかかる趣味なので、迂闊にショップ巡りをすると諭吉さんが数人旅立ってしまう可能性も無きにしも非ずですから。
無難に東京の観光スポットを巡るのはどうかといえば、人が多いのが容易に予想され、人混みが嫌いな身ではそんなところに行く気にはなりません。
何よりカップルやら家族連れやらで賑わう場所を、ボッチで歩き回るというのも気が滅入るだけで楽しくありませんから。
なので、あまり深く考えず、ドールを主軸に据えたプランにすることにしました。
具体的には、まず最初にドルショの舞台となる浜松町会館の下見をしてから、武蔵小杉にあるパラボクスへ行き、その後上野動物園で野外撮影をして、最後に秋葉原で締めようかなと思っています。
上野公園での野外撮影は少し難易度が高そうな気がしますが、野外撮影が出来なくても動物を見るだけで和むので選んでみました。
初ドルショになるので、13日がかなり楽しみです。

さて、今日は年末に近場で撮ってきた写真を紹介します。
野外撮影の場所に選んだのは、本巣市にある湯ノ古公園です。
湯ノ古公園は、絶滅危惧種のハリヨが生息している公園で、なかなかに貴重な場所です。
見た目はこんな感じ。

  湯ノ古公園全景

片側一車線の結構大きな道路のすぐ側に設けられていて、道路からは丸見えになっています。
野外撮影するにはいささか厳しい環境ですが、そこは田舎のありがたさで、公園の前の道路を車が通ることはほとんどなく、実際には無問題でした。
思ったよりも雰囲気のある公園だったので、さっそく撮影を開始。
以下、適当に貼っていきます。

  水辺にて

  水辺にて2

  水辺にて6

  水辺にて7

  水辺にて9

小さな公園なので、フレーミングをミスるとすぐに余分な物が映り込むのが少し厄介でしたが、水辺での撮影はなんというかテンションが上がり楽しかったです。
ただ、手持ちの高倍率ズームレンズでは最大200㎜しかなく、意図していた構図で撮影することができなかったので、それだけが残念でした。
それもあって、タムロンから新しく出た望遠レンズが欲しくなったわけですが、それはまた別な話です。

一回でまとめても良かったのですが、少し写真が多くなりそうなので、今回紹介しきれなかった写真を次回改めて紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/739-4720e22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。