駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

寿老の滝 with Yurisa 【2013.12.22】 

野外撮影をお休みして、神社に参拝しに行ってきました。
初詣そのものは元旦早々に実家にある小さなお宮さんで既に済ませたのですが、日頃お参りしている神社にはまだお参りを済ませていなかったので、休みが明ける前にお参りしておくことにしました。
人出が落ち着く翌週の土日にしようかなとも思ってたのですが、やはりこの時期に行っておいた方が初詣らしい気分になるので、予定を少し早めました。
今日参拝に出かけた神社には、実は三日の日にも一度訪れていたのですが、思いの外人が多くて、参拝するまでに軽く三十分はかかりそうだったので、諦めて帰ってしまいました。
新年早々、行列に並んでイライラするというのもつまらない話ですから。
なので、人出が少し気になりましたが、いつもと比べると格段に多かったものの、三が日ほどの人出もなく、比較的スムーズに参拝できました。
とはいえ、いつもお参りするときは、ほとんど誰もいないことが多いので、少し窮屈なお参りとなりましたが。
帰りがけにお神籤を引いて今年の運勢を占った後、せっかくなので破魔矢や熊手を見て回りましたが、持て余すのは確実だったので桜鈴守だけを購入しました。
鈴の音が綺麗で、山に野外撮影に出かけたときに、クマ除けとしても使えそうだったというのが買った理由だったりします。
実際問題として、ロケ地は山深い地が多く、クマと出会わないかとビクビクすることが多いですから。
なんにせよ、今年一年、怪我することも事故に遭うこともなく、無事に野外撮影が出来ればと思います。


さて、前回に引き続き恵那市で撮ってきた写真を紹介していきます。
岩村城址を後にして上矢作風力発電所へ向かいましたが、林道が全面通行止めになっていて辿り着けなかったので、踵を返して寿老の滝へと向かいました。
寿老の滝は養老の滝に対抗して名付けられた名称のようで、ダム湖の奥の少し山深い場所にあります。
寿老の滝の全景はこんな感じ。

  寿老滝全景

落差は10メートルほどで、そこそこ大きな滝です。
冬ということもあり寂しい雰囲気が漂っていますが、夏ともなれば緑に覆われ、水遊びが楽しめそうな感じです。
水辺と言うことで岩村城址よりもさらに寒かったですが、撮影できないこともなかったので、とりあえず撮影を開始。
以下、適当に写真を貼っていきます。

  寿老滝にて6

  寿老滝にて10

  寿老滝にて

  寿老滝にて3

  寿老滝にて4

  寿老滝にて8

  寿老滝にて9

着ている服はリトルワンダーローブさんで購入したセット服になります。
撮影場所が滝ということもあり、迷彩柄でも違和感なく溶け込んでくれて、まずまずな感じかなと思います。
が、寒くなると思考回路も麻痺してくるようで、ポージングがなかなか決まらず、撮影自体はどうにもこうにもいただけませんでした。おまけに撮った写真を見てみると視線が外れているものも多いし。
もう少し一枚一枚丁寧に撮る必要がありそうです。

この寿老の滝で撮影をするのなら、緑も鮮やかな初夏の時分かなと思います。
さすがに初冬ともなると寂しさが強まります。
水遊びが出来るようなので、盛夏の頃でも楽しめそうですが、家族連れが押し寄せるみたいなので、野外撮影には少し厳しい感じです。
景色が良い場所なので、機会があればまた訪れたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/736-0faa2e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。