駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

鵜倉園地(見江島展望台) with Saber 【2013.12.14】 

今日は、本来なら鹿児島へ向けて車をひた走らせていたところですが、貧乏は罪だということで涙をのんで自宅待機。
ぼーっと過ごすのも勿体なく、綺麗な部屋で年を越したかったので、大掃除とまではいきませんが、それなりに手間をかけて暇つぶしがてら掃除をしてみました。
お陰でそれなりに綺麗になりましたが、物が無駄に多いせいで見栄えはあまり変わりませんでした。
清々しくなったので悪くはないのですが、掃除をしても見栄えが変わらないというのも面白くない話なので、断捨離でもした方が良さそうな感じです。
まあ、面倒くさいのでそこまで手間をかけるつもりはないのですが。
ひとまず、我が家はこれで新しい年を迎えることが出来ますが、問題は今年最後となる野外撮影。
いちおう明日出発することにして、目的地も大体決めはしたのですが、一泊二日にするか、あるいはいつもどおり日帰りにするかで迷っています。
行き先は長野県の安曇野がメインで、そこにある国立公園とワサビ農場とで撮影をし、さらにその後、木崎湖に立ち寄って冬景色を背景に撮影をしようかと考えています。
安曇野には、高速を飛ばして3時間ほどで辿り着けるので、これぐらいだったら一日で十分回れます。
問題となるのが、木崎湖の次の目的地で、ここからがまったくの未定です。
諏訪湖に寄ろうか、あるいはそのまま山梨へ向かおうか、はたまた赤城山を目指して群馬へ向かおうかと迷っていて、全然決まっていません。
長野での野外撮影の状況に応じて決めようかなと思っていますが、我ながら少し優柔不断な気がしないでもないです。
まあ、ぎちぎちに決めるよりも自由度が高くなりよいのですが。


さて、前回に引き続き、鵜倉園地で撮影した写真を紹介していきます。
あけぼの展望台を後にして向かったのは、鵜倉園地の頂上にある見江島展望台です。
この見江島展望台の側には、もう二つほど展望台があるのですが、今回は撮影をしなかったので紹介は割愛します。
撮影場所に選んだ見江島展望台はこちら。

  見江島展望台

あけぼの展望台よりも広く、東屋の他、立派な木製の展望デッキも設けられていました。
この展望デッキには、こんなものが置かれていました。

  かさらぎ池看板

黒い感情を抱かせるのには、十分なアイテムでした。
この元凶となったのが、こちら。

  かさらぎ池

ハート型に見えなくもないですが、少しこじつけ臭い気もします。
人間として残念なレベルに達し、最早後戻りできなくなっている身には、少し居心地が悪い場所でしたが、撮影環境は悪くなかったので野外撮影を敢行。
以下、適当に貼っていきます。

  看板前にて

  展望台にて

  池を背景に

  池を背景に2

  池を背景に5

撮影しやすいと思っていましたが、撮り始めてみると良い構図があまり思い浮かばず、ありきたりというか代わり映えしないものばかりになってしまいました。
この撮影のときもそうでしたが、野外撮影していていつも難しいなと思うのは、ドールを被写体としたときの距離感です。
人間目線でよく見える景色でも、ドールを実際に置いてみると、ドールのサイズが小さすぎてイメージしたものと違った画となってしまい、どうにも写真が撮れなくなってしまいます。
脳裏のイメージがあくまでも人間基準なせいですが、なかなかどうしてドール目線でイメージを描くのは難しいものです。

正午近くになり、カップルや家族連れが訪れ始めたので、撮影もそれに合わせて切り上げ、鵜倉園地での野外撮影を終えました。
次回は、鵜倉園地の次に向かった場所で撮影した写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/731-a06a3ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。