駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

ひるがの分水嶺公園vol.1 with Mafuyu 【2013.12.7】 

あみあみで頼んでいた「アゾン・ドールスタイリングワックス」と「ピュアニーモフレクション オプションパーツ PNXS ハンドパーツAセット 肌色」が着弾。
本当は日曜日に大須に買いに出かけるつもりでしたが、名古屋まで行くのが面倒くさくなって、ついあみあみで頼んでしまいました。
どちらもリセのために買った物で、今回のメインはスタイリングワックスです。
リセの髪の毛は、アゾンのドールの大半がそうであるように植毛で、ウィッグのように気軽に髪形を交換できなかったりします。
なので、今の髪形で楽しもうと思うと、綺麗に髪を整える必要があるわけで、そうなると必然的に整髪料が欲しくなります。
無論、何も付けなくとも問題は無いのですが、ワックスがあると、両脇に下げた髪の毛がまとまりやすくなり、見栄えが向上します。
既にぼさぼさになってしまっているリセの髪に、早速使ってみましたが、きちんと髪の毛がまとまってくれて、なかなかに悪くありませんでした。
野外撮影ではどうしても髪が乱れがちになるので、これは心強い味方になってくれそうです。
おまけで買ったハンドパーツですが、こちらは大失敗で、リセの手には小さすぎました。
ピュアニーモに使えるとどこかの記事で読んで買ってみたのですが、どうも違っていたようです。
よくよく考えると末尾のXSというのは、ピュアニーモXSサイズを示しているっぽい感じで、もう少し考えて買うべきでした。
高いものではないので財布へのダメージは小さいですが、ハンドパーツはこれ以外見当たらないので、改めて買い直そうと思うと、大須のアゾンに買いに行かないといけなくて、少し面倒だったりします。
まあ、三連休の予定は白紙なので、ちょうどよい暇つぶしになってくれそうではありますが。


さて、今日からひるがの分水嶺公園で撮ってきた写真を2回に分けて紹介していきます。
ひるがの分水嶺公園は、郡上市高鷲町ひるがのにある公園で、阿弥陀ヶ滝からは三十分ほど離れた場所にあります。
名前の通り分水嶺に作られた公園で、ここで日本海と太平洋とに分かれるようです。
公園の入口がこちら。

  ひるがの分水嶺公園

阿弥陀ヶ滝よりもさらに高地とあって、公園に植えられた広葉樹は完全に落葉してしまっています。
曇り空と相まって寂寞とした雰囲気が漂っていますが、人気が全くなく撮影するには好都合でした。
みぞれというか雪が降る生憎の天気でしたが、ひとまず撮影を敢行。
以下、適当に貼っていきます。

  木に腰かけて2

  木に腰かけて3

  木にもたれて2

  木にもたれて

  木にもたれたり立ったり2

  木にもたれたり立ったり3

一面落ち葉だらけで撮影場所に困りましたが、公園の奥の方によさげな木があったので、そこでひとまず撮影をしました。
もう少し上手く木を使えなかったかなとも思いますが、一張羅の服が汚れるのが怖くて冒険ができなかったのでやむを得ません。
この服を汚すと替えがありませんから。
ポージングに変化を持たせればそれでも多少マシになったような気がしないでもないですが、このへんは要勉強です。

木での撮影を終えた後、公園の各地でさらに撮影を続けましたが、そちらで撮った写真は次回紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/723-e36894c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。