駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 えちぜん鉄道三国芦原線編第12回目 下兵庫駅 

フィギュアを買い控えしていたのに、今日、思わずあみあみで衝動買いしてしまいました。
購入したのはアイズ・プロジェクト謹製「一騎当千 呂蒙子明 抱き枕ver」。
さして欲しかったわけではないのですが、16,590円のものが8,261円と50%オフになっていたので、つい目が眩んでしまいました。
冷静に考えれば決して安くはない額なんですが。
買った後に気付きましたが時既に遅し。
何だか泥沼にはまってます。
現状を冷静に分析するために、今あるフィギュアを数えてみたら、軽く40体を超えていました。
いつの間にやら大増殖です。
大枚はたいて買ったコレクションケースも既に飽和状態。
置き場所もないのに、まだ7体のフィギュアが予約中で控えてます。
色んな意味で終わってます。
ぼちぼちフィギュアから足を洗わないと大変な事になりそうです。
お金ももったいないですし。
ただ、今更引き返せれない場所まで踏みこんでしまっている感じもしますが。
三十過ぎてはまった趣味は始末が悪いです。

さて、駅舎の紹介をはじめていきます。
今日紹介するのは、「下兵庫駅」。
昨日紹介した「西長田駅」の次の駅となります。
で、駅はこちら。

下兵庫駅

山小屋風の建物があります。
一見駅舎にも見えますが、こちらは待合所だったりします。
その証拠に、ホームへは右手に見える階段から上がるようになっていて、建物の中にはホームからしか入れません。
この待合所は、これはこれで造りもしっかりとしていて悪くありませんが、個人的にはえちぜん鉄道オリジナルのの白壁と群青色のスレート瓦葺の造りにして欲しかったところです。
他の駅とトータルバランスで見たときにちょっと違和感があるので。
ひとまず、駅を写真に収めたので、ホームへと向かいます。
階段を上がってすぐの場所で三国方面を撮影。

下兵庫駅ホーム三国方面

今まで多くみられた相対式ホームではなく、単式ホームとなっています。
普通、高さのある単式ホームだと、線路の反対側には柵や塀が設けられていたりしますが、ここの駅では駐車場側には何もなく、少し危なっかしい感じです。
まあ、これはこれで開放的な感じで良いんですが。
続いて、端まで歩き、福井方面を撮影。

下兵庫駅ホーム福井方面

やはり柵がないと違和感があります。
あればあったで邪魔なのですが、なければないで寂しい感じです。
写真では分かりづらいですが、夜間照明のための裸電球が、架線の横柱にぶら下がっています。
ホームに新しく電柱を立てるよりもこの方が安上がりなんでしょうが、ちょっと変則的な感じです。ま、これはこれで面白くて良いのですが。
最後に駅名表示札を撮影して〆ます。

駅名表示札

ちょっと撮影の仕方が悪くて、全体が映っていないのがいただけませんが、この駅名表示札自体はごつくて良いものでした。

ということで、今日はここまで。
明日は、次の駅「大関駅」を紹介します。

ちなみに、残りはあと八駅。
来週中にはえちぜん鉄道もコンプリートです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/72-75c44593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。