駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

横谷峡四つの滝(白滝) with Alter 【2013.11.29】 

今日は郡上市へ行ってきました。
郡上踊りで有名な場所ですが、いつもどおり野外撮影のための訪問です。
目的地は、阿弥陀ヶ滝と分水嶺公園、そして北濃駅の三箇所。
天気予報は曇りでしたが、何のことなく小雨交じりの残念な空模様で、標高をあがるとみぞれというか雪に変わりました。
良くあるパターンで、慣れてはいますが、テンションがややダウン。
それでも、阿弥陀ヶ滝と分水嶺公園は気合いと根性で乗り切りましたが、昼食を食べ終えた後に臨んだ北濃駅で計画が狂いだしました。
北濃駅は駅舎訪問をしているときに訪れた駅で、転車台なんかある良い無人駅だったと記憶していて今回撮影の舞台として使うことにしたのですが、今日改めて訪れてみると記憶の中のそれと大幅に異なっていて、とても撮影する気にはならなかったので、撮影を取り止め、急遽目的地を変更することに。
こんなときのために目星を付けていた東氏館跡庭園へその足で出向きましたが、こちらもびっくりするほどしょっぱく、ここでも野外撮影はできずじまい。
最後の希望を賭け郡上八幡城へ出向きましたが、案の定というか何というか観光客が多く、とてもドール撮影ができる状況ではなかったので、お城を見学して終了。
別な場所を探す気力もなかったので、そのまま帰りましたが、毎度のことながら後半戦がグダグダになる展開でした。
どうにも良くないですが、丸一日フルで撮影が楽しめたことも希有なので、こればかりはしょうがないことではあります。
ただ、ブログ的には、週末に写真を撮り溜めておかないと厳しいので、今日の穴埋めのために明日豊郷小学校へ出かけようかなと思っています。
前回の訪問から一月近く経っているので、そろそろ行きたいところでもありますし。
今年最後の訪問になりそうですが、明日は撮影をゆっくりと楽しみたいです。


さて、今日からは先週末に訪れた横谷峡四つの滝を四回に分けて紹介していきます。
横谷峡は下呂市にある渓谷で、名前のとおり四つの滝があり、飛騨木曽川国定公園にも指定されている景勝地です。
所在地はいちおう下呂市ですが、市町村合併する前は金山町だったこともあり、下呂温泉からは小一時間ほど離れた山奥にあります。
紅葉の時期には、それなりに賑わうような感じでしたが、シーズンオフということもあってか、ほとんど人はいませんでした。
第一回目となる今回は、横山峡の一番下流にある白滝で撮った写真を紹介していきます。
ちなみに、白滝はこんな感じ。

  白滝全景

なかなかに立派な滝で、これ一つでも十分満足できるものです。
近づくとこんな感じ。

 白滝近景

訪れたのが晩秋ということもあり、木々は葉を落とし、吹き付ける風も冷たく、寒さが厳しく感じられましたが、夏であればひんやりと気持ち良さそうでした。
ということで、以下、適当に。

  白滝にて7

  白滝にて2

  白滝にて5

  白滝にて8

  白滝にて10

  白滝にて11

  白滝にて12

  白滝にて14

日が差さない山陰ということで全体的に薄暗く、補助光が欲しいところでしたが、白肌のオルタは内蔵フラッシュを焚くと悲惨なことになるので、レフ板でなんとか光量を稼ぎました。
光がなさそうに見えてもレフ板をかざすとそれなりに光が集まるので、こういうとき便利です。
外部ストロボがあればと思わないでもないですが、カメラ本体ですらまだ操作を完全にマスターしていない現状では時期尚早なので、もうしばらく我慢です。
それと、今回はいつものボブではなく、ドルチェで新しく買った姫カットにしてみましたが、案の定、髪が残念なことになってしまいました。やはり、ロングヘアよりもショートヘアの方がよさそうです。

人が来ないとあって、撮影はすこぶる楽しく、滝壺の周辺でキャッキャウフフと撮影してましたが、気づいたら背後に女性の二人組がやってきていて、どっと嫌な汗が噴き出ました。
何気ない風を装ってみましたが、完全にドールを見られていたので、怪しさ満点だったのは否めません。
それで区切りがついたので、白滝での撮影を終了し、二人組が姿を消した後、少し時間をおいて次の滝へと向かいました。
ということで、次回へ続きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/715-16db235e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。