駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

諸戸氏庭園 with Saber 【2013.11.4】 

アフターに備えてボークスニュースを改めて見直してみましたが、今回の限定DDは心惹かれるものがなかったので、限定DDは気兼ねなくスルーできそうです。
お金が無いところにツボにはまった限定DDが来たら、我が家の家計が目も当てられない事態になるところだったので、これには色んな意味で助かりました。
そんな中にあって唯一気になったのが、限定SDのベルダンディー。
かつて好きだった漫画のキャラということもあり、心がかなりぐらつきましたが、税込み12万オーバーという可愛くない金額が冷静にさせてくれました。
12万あればキャノンの中型機EOS70Dが買えるわけで、さすがにおいそれとは手が出せません。
今使っているEOS50Dに少し不満があったりするので、12万出すなら素直にEOS70Dに突っ込んだ方が幸せになれそうですし。
まあ、買い換えの本命は、EOS70Dでなく、遠くない将来にリリースされるであろうEOS7Dの後継機だったりするのですが。
最後に限定服ですが、相変わらずのチェック柄と、季節感無視の使い回しのきかないインナーとで、個人的にはかなり残念な感じです。
野外撮影をしている身としては、ユニクロレベルのデザインでよいので、撮影してても周囲に溶け込む普通の服が欲しいのですが、これまで出てきた服の系統からして難しいような気がしないでもないです。
1月に大本命のドールショウが控えているので、ドルショで散財しろという神のお告げだと思って、今回のアフターはひとまずスルーすることに決めました。
とはいえ、来年の話なので、気が変わっているかもしれませんが。

さて、今回は、六華苑に引き続いて訪れた諸戸氏庭園を紹介していきます。
諸戸氏庭園は、六華苑に隣接した施設というか庭園ですが、入口が六華苑のそれから少し離れたところにあり、距離にして500メートルぐらい歩く必要があります。
普段一般公開しておらず、毎年春と秋に限定で公開しているとのことで、訪れたタイミングが良かったようです。
庭園内部はこんな感じ。

  諸戸氏庭園

本来は紅葉を愛でる場所のようですが、訪れたのが初秋ということで、木々は色づいていませんでした。
とはいえ、入園料を無駄にするわけにはいかないので、ひとまず撮影を敢行。
以下、適当に貼っていきます。

  通路にて

  苔むした庭を背景に2

  庭にて3

  蔵にて

あまりパッとしませんが、六華苑の撮影で精も根も尽き果ててしまっていたので、やむを得ません。
お昼を回ってお腹もぺこぺこだったし。
ただ、そうは言っても今回の撮影では手抜きが酷く、光を当てなければならないのにレフ板を全く使わなかったりして、今となってはもう少しきちんと撮影すべきだったと反省しています。
腕を上げるのなら一枚一枚きちんと撮っていかないと意味がないですから。

この諸戸氏庭園は、立ち入り禁止の場所が多いことに加えて、工事中の場所があったり、所々で荒んだ感じの場所もあったりと、少し難がある場所でした。
野外撮影するなら六華苑の方が良いですが、紅葉の時期であれば六華苑よりも綺麗な写真が撮れそうな気がします。
スポンサーサイト

コメント

>ユニクロレベルのデザインでよいので

同意です。
ヒラヒラとか要らないので、普段着が欲しいですね。
価格もユニクロ並みだと嬉しいwww

げる #SXDYU51A | URL | 2013.11.21 08:35  edit

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

確かにドール服もユニクロ並の値段だと助かりますね。
自分が着ている服よりも高い服もあったりして、ドール服を揃えるのも結構大変ですから。

ニコロコ #- | URL | 2013.11.23 18:25  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/704-2a6b95c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。