駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

六華苑(和館) with Saber 【2013.11.4】 

今日は野外撮影をお休みして、一日まったりと休日を過ごしました。
洗車に映画と、本当にごく普通の休日で、こんな過ごし方をしたのは久しぶりです。
もともと、家にじっとしているのが苦手で、野外撮影に出かけているのも暇つぶしが目的だったりしますが、たまにはこういう暇の潰し方も良いものです。
野外撮影は思いの外、気力と体力を使い、心身共に消耗してしまいますから。
特にここ最近というか、前からというか、箸にも棒にもかからない写真しか撮れておらず、普段よりも精神面での消耗が大きくなっていますし。
下手な写真を上手くするため、本とか読んで構図の勉強もしているのですが、いざ現場に出向いて写真を撮ってみると、構図をきちんと組み立てることができず、結局フィーリングだよりになってしまっています。
これでは、上手くならないなとは思いますが、なかなかに難しいところです。
それもこれも、きちんとテーマなりを自分の中でもっていないせいなのかなとも思いますが、写真を撮るのにこれまでテーマを持つことなどなかったので、テーマを作るのにも苦労し、今時点でもノーアイデアのままだったりします。
芸術世界とは無縁な世界に身を浸しすぎたせいで、芸術については全く理解できない残念な人間になってしまっているので、やむを得ないと言えばやむを得ないですが、このへんはもう少しなんとかせねばとは思っています。
まあ、テーマが出来たからといって、腕が上がるかどうかわかりませんが。


さて、前回に引き続いて、今日も六華苑となります。
前回訪れた時に足を踏み入れることができなかった和館に入ることができたので、今回はそちらで撮った写真を紹介します。
ちなみに、和館がこちら。

  和館

洋館にくっつくような形で設けられていて、洋館とは廊下で繋がっていますが、まさに和洋折衷といった造りです。
館内はこんな感じ。

  和館室内

洋館とは打って変わって純和風な造りで、かなり広いです。
以下、この和館で撮影した写真を適当に貼っていきます。

  和館廊下にて2

  和館廊下にて4

  縁側にて

  縁側にて2

  襖にて

  襖にて2

和室で靴を履いたままというのもおかしいことに気づき、途中から靴を脱がせました。
洋室では全く気にならなかったので、そのままの格好で撮影してたのですが、畳に靴というのはやはり違和感を覚えてしまいます。
まあ、気づくのがだいぶ遅れてしまったので、あれですが。
こういう細かい所にも最初から神経を配ることができれば、写真も上達するような気がします。

和室ということで、洋服姿では少し様にならなかったので、次回は和服姿でとも思いますが、DD用の和服は手持ちがないので、アゾン製のなんちゃって和服が着られるオビツ勢の出番かなと思っています。
最近構ってやれてないカンナは、デフォ服が和風テイストのドレスでもあるし。

撮影場所を求めうろついている最中に、結婚写真の前撮りが始まってしまったので、そのまま和館での撮影を切り上げ、日本庭園へと場所を移しました。
ということで、次回は日本庭園で撮影した写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/701-0f38f7f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。