駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

六華苑vol.1 with Saber 【2013.10.6】 

三連休の最終日ということで、今日も今日とて野外撮影。
昨日のアイドールの疲れが抜けきれず、最終日ぐらい骨休めを兼ねまったりと過ごそうかと考えていましたが、時間を無為に過ごすことに関しては右に出る者のいないダメ人間で、そうやって過ごすと夕方過ぎに決まって自己嫌悪に陥るはめになるので、老体にむち打って出かけることにしました。
とはいえ、さすがに遠出する気力もなく、新たな場所に出向いて外れを引いたらどっと疲れが増すので、新鮮さはないものの慣れた豊郷小学校をチョイスしました。
ここしばらく毎週のように訪れているので、いい加減どうかとは思いますが、先日の野外撮影でまふゆを危うく泥まみれにするところだったこともあり、今回初野外撮影となるユリサを同じ目にあわせるわけにもいかなかったので、やむを得ません。
それに、ユリサをきちんと紹介するのなら、勝手知ったる豊郷小学校が一番ですし。
豊郷小学校には昼前に到着し、午後4時近くまで撮影をしましたが、今日はいつもよりも観光客が多めで、少し撮影がしにくかったです。
連休で客が増えるのはやむを得ませんが、撮影場所をいつもの北側ではなく南側で撮影したことが災いして、いつもの場所よりも人通りが多く、撮影が思うように進みませんでした。
場所柄フルオープンで撮影しても問題ないとは思いますが、警戒を怠ったせいで撮影開始早々子ども連れの父親にユリサをガン見されたこともあって、今日は大人しくすることにしました。
自分よりも年下らしい家族連れに遭遇すると、嫌でも厳しい現実が見えてしまいますから。
ただ、自分よりも年下らしかったその父親は、わざわざ少し離れた場所にしゃがみ込み、かなり熱心にユリサをみていたので、ひょっとすると隠れ人形者だったのかもしれません。
話しかける勇気はなかったので真相は不明ですが、単純にキモっと思われただけかも知れません。
そんなこんなで撮影はいつもと比べるとあまりスムーズには進みませんでしたが、それなりに楽しめたので良いストレス解消にはなりました。
今日撮ってきた写真については後日紹介していきますが、野外撮影の初デビューは豊郷小学校がベストな気がします。

さて、先週末、暇つぶしを兼ねて桑名市にある六華苑に野外撮影に行ってきたので、そのときの写真を紹介していきます。
六華苑は桑名市にある史跡で、以前訪れた九華公園のほど近くにあります。
当初、六華苑の上流にある木曽三川公園センターで、コスモスと絡めて野外撮影をする予定でしたが、家族連れが多くとてもドールを取り出せる状況ではなかったので、急遽予定を変更して訪れることにしました。
事前情報なしに訪れたせいで、折り悪くコンサートらしきものが開催されており、似たようなファッションに身を包んだお洒落さんがうじゃうじゃいて、ドール撮影にはなかなかに厳しい環境でした。
ただ、逃げ帰るのも勿体ない話なので、人目につかない場所を見つけ、予定通り野外撮影を敢行。
今回撮影をした場所はこちら。

  日本庭園

敷地の大半を占める日本庭園の一部で、日本庭園の外れにあるせいか人はあまり来ない場所でした。
以下、適当に。

  日本庭園その2

  日本庭園その3

  日本庭園その4

  日本庭園にてその5

代わり映えしない写真ばかりとなりましたが、小川沿いということもあり、ヤブ蚊が異常に多く発生し、あまり長い時間いることができなかったのが敗因でした。
さすがに、構図を決めている僅かな間に、あちらこちら無差別に刺されると、それだけで集中力が切れてしまいます。

蚊があまりに多く辟易としたので、日本庭園の撮影はこれだけで切り上げ、蚊から逃れるように洋館へと場所を変えました。
次回は洋館内部で撮影した写真を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/681-e18e5c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。