駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

谷汲緑地公園キャンプ場vol.1 with Alice【2013.9.29】 

土曜日に出かけた豊郷小学校で、オルタに着せていたボークス謹製の迷える子羊セットの飾りボタンがとれてしまいました。
撮影している途中でそのことに気づいたのですが、気づいたときには時既に遅く、とれたボタンはそのままどこかに行ってしまい行方知れずに。
あまり使わない衣装なので、そのままタンスの肥やしとして寝かしておいてもよかったのですが、ボタン一つとれただけで仕舞いこむのも勿体ない話なので、補修することにして仕事帰りに手芸センターへ。
生まれつきのぶきっちょで、小学校の家庭科の授業以来裁縫はしておらず、端から縫うという選択肢はなかったので、ボタンとあわせてクラフト用ボンドを購入。
普通のボタンをボンドで留めることなど普通あり得ませんが、単なる飾りボタンだったので、手間を省くためにチョイスしました。
早速、家に帰ってボタンを合わせてみましたが、既存のボタンの色とマッチしていたものの、サイズが少し大きすぎました。
サイズ違いはさすがに不格好なので、ボタンを求めて再び手芸センターへ。
今度はきちんとサイズを測り5㎜を選びましたが、売られていたボタンの色は薄く、少し嫌な予感がしたので、赤色のウサギ型のボタンを合わせて購入。
家に帰って再び合わせてみましたが、しっかり計ったはずなのにサイズが微妙に小さく、色合いも危惧したとおり薄くて合いませんでした。
手芸センターにまた行くのも面倒だったので、こういう時のために買っておいたウサギのボタンを使うことにして、ボタンの跡に張り付けました。
浮くかなと思いましたが、付けてみればそれほど違和感なく、我ながらナイスなチョイスでした。
ボタンとクラフト用ボンドで2千円近い額が消えたのは痛かったですが、せっかくの衣装をゴミにせず済んだのは幸いでした。
次回、迷える子羊セットをいつ使うのかは決まっていませんが、せっかくなので豊郷小学校へ行くときにまた使おうかなと思ってます。

さて、先日、暇つぶしがてら揖斐川町谷汲地区にある谷汲緑地公園キャンプ場に行ってきたので、そこで撮ってきた写真を紹介していきます。
谷汲緑地公園キャンプ場は、道の駅「夢さんさん谷汲」に隣接した公園キャンプ場で、良い感じに自然が豊かな場所です。
熊が出没するようで看板も立っていたりしますし。
入口はこんな感じ。

  緑地公園入口

そりゃあ熊も出るよねといった山深い地です。
このキャンプ場の片隅に前々から目を付けていた日本庭園があり、今回はそこで撮影しました。
以下、適当に。

  岩に手をかけて

  岩に腰かけて

  岩に腰かけて2

  ダー

  振り返って

  池に腰かけて

似たり寄ったりな構図になってしまいいただけませんが、引き出しにそれほどストックがあるわけでもないのでやむを得ません。
ワンパターンな構図には我慢して、ポージングに変化をつけてみようかなとも思い、4枚目の写真のように今までやったことのないポーズを付けてみましたが、なんというか浮きまくって個人的にはなしです。
色んな意味でまだまだ修行不足です。

日本庭園での撮影がどうにも煮詰まってしまったので、気分転換を兼ねて東屋へと場所を変えました。
そちらで撮影した写真については、次回紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/676-292c2ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。